千早巡遊&彩事記

情景の中の鉄道を目指して気の向くままの製作日記&途中下車の旅、そして時折の息抜き工作など。

吉野への途-その壱-

2017-07-29 | 途中下車の旅

 久し振りに家内と小旅行へ・・・季節の折々に出掛けて写真に残す事も積重ねればいい想い出です。
 出発駅は、和歌山の橋本駅・・・和歌山線の105系に乗り換えての出発。

 

 

 

 

 

 

 車内は後備された冷房ユニットに、昔ながらの扇風機。
 ホント久し振りに、天井扇風機を見ました・・・手前にある9頭身モデルポスターとのコントラストが見事です。

 

 

 

 

 

 

 

 和歌山線は紀の川沿いに和歌山から県境を越えて奈良へ・・・大和二見を経て奈良五条駅では対向退避。待ち時間が長いので車内は外気と変わらず・・・ホームで風に吹かれて夏の風情を楽しむ方が余程涼し気です。

 

 

 

 

 

 

 105系は、吉野口へ・・・吉野へはここで近鉄吉野線に乗り換えです。吉野口の駅は、昔ながらの木造ホーム、味がありますねぇ。

 

 

 

 

 

 

 

 吉野着は、12時22分。今日の主目的「青の交響曲」は既に入線してました。吉野駅のホーム上屋も独特で印象的、吉野駅に降り立つのは30年振りですが、12分の滞在で折り返します。

 

 

 

 

 

 

 ホームの反対側には、特急が到着。折返しの第2便は、乗客も少なく静かに寛げるので、お薦めです。

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 条約型重巡の製作⑤-煙突、探... | トップ | 吉野への途-その弐- »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。