ほろ酔いハングル

★☆ 韓国語学習の覚え書き etc... ☆★

토끼와 호랑이2-石ころが餅に変身

2016-10-18 | レベルアップハングル講座

<第12回>
ウサギは知恵を働かせて危機から逃れる。

◎クローズアップ~호랑이 선생님(厳しい先生)
 ・군사부일체【君師父一體】・・・王様(君)と先生(師)と父親(父)は同じように尊敬しなければならない存在だということ。
 ・호랑이 선생님(トラ先生)・・・厳しい先生のこと (日本で厳しい人を「鬼」というように、韓国では「호랑이」という。)

 ・호랑이 잡으려면 호랑이 굴에 들어가야 한댜.
   (トラを捕まえるにはトラの洞窟に入らなけらばならない。) ≒虎穴に入らずんば虎子を得ず 
 ・사람은 죽어 이름을 남기고 호랑이는 죽어 가죽을 남긴다.
   (人は死んで名を残し、トラは死んで皮を残す。) 
 ・이빨 빠지고 발톱 없는 호랑이
   (歯が抜けて足の爪がないトラ)・・・すごく弱くなってきたこと


◎ピックアップ
(1)動詞+기 시작하다:~(し)はじめる、~(し)だす ・・・動作の開始を表す
    토끼는 모닥불을 피우고 그 위에 주워 온 돌멩이를 올려 놓고 굽기 시작했습니다.
     (ウサギはたき火を焚いて、その上に拾ってきた石ころをのせて焼き始めました。)

(2)用言+아야/어야 하다:~なければならない ・・・その動作や状態が当然・義務だということを表す
    아 참, 굴에 찍어 먹어야 하는데・・・.
     (あっ、そうだ、蜂蜜につけて食べなけらばならないのに・・・。) 


◎語句
모닥불을 피우다:たき火を焚く    돌멩이:石ころ    꾀 많다:智謀にたける
-답니다:話し言葉で自慢や強調、親しみのニュアンスを持って説明するときに使う
꼬르륵꼬르륵:ぐうぐう    군침:よだれ 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 토끼와 호랑이1-腹ペコペコ... | トップ | 토끼와 호랑이3-熱い餅を飲... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
호랑이 선생님 (ハーちゃん)
2016-10-19 14:44:39
は、小説で出て来たような記憶があるのですが、辞書で引かなかったです(^^;)。前後の感じで意味をとってしまいました。

虎も朝鮮半島には多くいたのでしょうか?

先日はtopik受験日だったそうですね。知り合いも数人受けましたが、難しかったようです。また難易度が上がったかしら(^^;)。
Re.호랑이 선생님 (シフォン)
2016-10-19 16:54:27
ハーちゃんさん、こんにちは♪
朝鮮半島には100年くらい前まで虎がいたそうです。
トラに関することわざや慣用句も多いですよね。

試験からはまったく遠のいてしまいました。
数年前体制が変わってから難しそうだなと思っていましたが、さらに⤴ですか?
もう絶対無理だわぁ。。。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む