元気発信(寺田自然形体研究所)

身体は、生きている限り常に治りたがっています。

寺田自然形体研究所から元気を発信。

くるぶしの上がズキズキと痛い(有痛性外脛骨)

2016年06月20日 | 有痛性外脛骨
 14才 男性 サッカー 


11歳のころから足首の捻挫、肉離れを毎年のように繰り返していた。

くるぶしは、6年生の後半から痛みがありサッカーをやっている時や
歩くのも痛くなり整形外科で注射を打ったり、電気治療を受け
インソールを作った。

有痛性外脛骨と診断される。

腰は中学に入り痛くなった。
前屈、後屈をするときに痛い。
整体に通っていたが、多少痛みが無くなるが、すぐに痛くなる。


1回目 

今まで肉離れを起こしていた部分が固く筋肉が癒着しています。
施術し筋肉の形を整えたことで足が軽くなったと実感されたようです。
    
足が軽くなり、くるぶしの痛みも無くなりました。

腰の痛みも起立筋の緊張が解消されることで痛みが無くなりました。


2回目

1回目の施術の2日後に、ヘディングをして相手とぶつかり頭から落ちた。
病院での検査では異常はありませんでしたが、2.3日は朝起きた時に
目が回っていた様です。
その後、目は回らくなったが、首を回すときや動かすときに痛みがある。

腰は、ずっと立っていると痛くなる。

くるぶしの上の痛みは、圧痛がある。

施術後は、首の痛み、腰、くるぶしの痛みは無くなりました。

3回目

くるぶしの上と首の痛みは、ありませんでした。
腰は、だるさと曲げるときに痛みがありました。

3回目は施術ではなく、自己療法とストレッチのレッスンをしました。

肋骨の厚みの左右差が大きく、体全体が捻じれています。

花粉症の症状も今年になって酷くなり、いつも花をすすり目を赤くしていました。

今回の自己療法は、体の捻じれの解消と、特に花粉症などアレルギーに対しても
とても効果のあるものをやり、その後、足の疲労の取り方、ストレッチをレッスンしました。


4回目

歯医者さんに行った後から、腰の痛みが出た。

前屈、後屈での腰の痛みがありました。


自己療法の成果が出ているようで、今日は、一度も鼻をすする事も無く
スッキリしいました。

劇的!!と言っていいほど違っていました。
私の方が、変化に驚いてしまいました。

施術後は、腰の痛みも無くなり終了となりました。


歯の矯正をしているとの事ですので、
歯医者さんに行くと口を空けているので
顎が歪み、頸椎から胸椎の方まで影響が出て
また、腰が痛くなる可能性があります。

歯医者さんに行った後にメンテナンスで
来られるといいですよとお話して終了となりました。




寺田自然形体研究所 

HPは、こちらから 

静岡県高柳1663-1
090-2265-7750




ジャンル:
サッカー
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オスグッドの施術後の感想 | トップ | 有通性外頸骨 施術後の感想... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。