元気発信(寺田自然形体研究所)

身体は、生きている限り常に治りたがっています。

寺田自然形体研究所から元気を発信。

捻挫

2016年10月15日 | 捻挫
 11歳 男性 野球 静岡県焼津市在住 

野球のグラウンドのマンホールの上に乗り滑って足をぐらした。(捻挫した)

右足首の外くるぶしの内側が、歩くときに痛く足底を反らすことが出来ない。
少し腫れがありました。

以前、自己療法のレッスンを受けていて、
お母様が息子さんの足を指撫法をしていたので、
少しの腫れで済んでいたのだと思います。

大腿、腓腹筋等、下肢の緊張を解消し、
仰臥位で足首を動かしてもらうと、
内側に捩じった時、甲屈、底屈をするときに痛みがありました。
関節のズレを解消する手法で、すぐに痛みは無くなりました。

立って歩いて確認してもらいましたが、歩いても痛みがありませんでした。

投球動作で足首を捩じった時に痛みがありました。

立ったまま動いてもらい、関節のズレを解消痛みも無くなりました。

施術を見ていたお母様が、

   毎回思うけど すごい
   
   明日行ったら、みんなビックリしちゃうね
   あんなに痛くて歩けなかったのに、こんなに早く治っちゃうと
   たいした事無かったのか~と思われちゃうね。

と仰っていました。

これで、大丈夫だと思いますが、痛みが出るようでしたら
施術に来られると良いですよ。とお伝えして終了しました。


寺田自然形体研究所 

HPは、こちらから 
静岡県高柳1663-1
090-2265-7750


『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 両膝の痛みが無くなって、ス... | トップ | 自然形体療法2回の施術で捻... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。