千恵子@詠む...................

リンクにて開く世界は万華鏡 あれやこれやと交差の果てへ

「64」は映画前後あるけれど 原作よいよ横山秀夫

2016年06月14日 | 詠む

映画「64 ロクヨン」 前篇 後編

佐藤浩市・大作映画を見たが、あらためて原作が素晴らしいと実感。

基本は警察小説なのだが、鋭い警察批判が出てくるのだ。叩きあげ刑事対、キャリアの戦争。そのあたりは映画だと、怖い顔で現すので白々しい。

いちばん茶番っぽく感じたのは、記者クラブと実名報道を巡ってあらそうところ。浅野健一の匿名報道本を何冊も読んでるわたしとしては、あーなんでこんなのに情熱かけてるの。自分で取材しないで警察発表垂れ流し野郎、とか思いながら観た。

(画像は、原作本)

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月25日(土) シンポジウム... | TOP | 「僕たちのカラフルな毎日 弁... »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Trackback

Trackback  Ping-URL