千恵子@詠む...................

リンクにて開く世界は万華鏡 あれやこれやと交差の果てへ

新宿のテント芝居だ懐かしい「腰巻おぼろ妖鯨篇」と

2017年06月14日 | 詠む

40年前のテント芝居は満員の苦痛が、たいへん。ぎゅうぎゅう詰めで、足が痛いの。芝居より苦痛のほうが、インパクト大。

ポップな劇団どくんごで椅子席になって、あー楽ちんと感じたものだ。

梁山泊は趙博だから、22日に見参予定。

新宿梁山泊 「腰巻おぼろ 妖鯨篇」

2017年6月17日(土)~26日(月)

新宿・花園神社境内 特設紫テント 東京都新宿区新宿5‐17‐3

JR・小田急線・京王線「新宿駅」東口徒歩7分

[作]唐十郎 [演出]金守珍 [美術]宇野亜喜良

 [出演]金守珍 / 大久保鷹 / 大鶴義丹 / 湯江タケユキ / 趙博 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 労働者の尊厳 映画「疑わし... | TOP | 「謀反の児」そうなんだあと... »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Trackback

Trackback  Ping-URL