千恵子@詠む...................

リンクにて開く世界は万華鏡 あれやこれやと交差の果てへ

やっと出た

2013年04月22日 | 詠む

やっと出たストーリー田代「不起訴不当」 8ケ月後に検審議決

陸山会事件の元検事に不起訴不当議決 東京第一検察審 朝日新聞4月22日

>小沢一郎氏の元秘書・石川知裕衆院議員を取り調べた東京地検特捜部の検事が、事実と異なる捜査報告書を作成した問題で、東京第一検察審査会は22日、虚偽有印公文書作成・同行使などの容疑で刑事告発された田代政弘・元検事(46)=辞職=について、「不起訴不当」とする議決書を公表した。

「不起訴不当」って、二重否定。 ん? 強制起訴はしないってことだ。

最高検が再捜査するのか。

上司2人は「不起訴相当」。

2012年1月ストーリー田代を刑事告発し、8月に検察審査会に申立した件。

さあて、次は議決理由書の吟味だ。

あらら、電光石火の分析。補助弁護士について重大疑惑が出た。

田代元検事不起訴不当議決! その裏の大きな疑惑 八木啓代ブログ

(下線のクリックで、当該サイトに飛ぶよ)

ジャンル:
ウェブログ
Comments (2)   Trackback (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「リンカーン」 | TOP | 黙秘権 »
最近の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
検察が再度不起訴とすれば・ (インスピ)
2013-04-22 21:40:02
不起訴が確定してしまうのでしょうか?
不起訴 (大山千恵子)
2013-04-22 21:51:14
インスピさん

会からの説明がある筈ですので、そちらを御覧ください。

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Trackback

Trackback  Ping-URL
陸山会虚偽捜査報告書事件・検察審査会決定 (弁理士の日々)
小沢一郎氏にからんで東京地検特捜部が起こした陸山会事件で、石川知裕氏の取調べ内容に関して東京地検特捜部の田代検事が作成した捜査報告書が、小沢一郎氏の事件を対象とする検察審査会に提出されました。この検察審査会では、「起訴相当」の判断が2回出され、小澤一郎...