千恵子@詠む...................

リンクにて開く世界は万華鏡 あれやこれやと交差の果てへ

封印が解かれた光州事件の映画 『光州5・18』

2008年06月06日 | 芸術
封印が解かれた光州事件の映画 『光州5・18』

韓国は一番近い「国」。すぐ隣りなのに報道も少なく知らされざる地。その半島最南端、全羅南道の道庁所在地で1980年に起きた光州事件は、日本では話題にもなっていない。韓国でも軍事政権の情報操作で、長らく封印されていた事件。

映画『光州5・18』を作ったキム・ジフン監督は、事件当時は9歳。戒厳令下の報道は民衆を「暴徒」扱いしていた。真実を知らされなかったとはいえ、知らなかった自分を恥じた監督は、資料を調べ、当時の関係者からの丹念な聞き取りで完成させた作品だ。

冒頭、日本の風景と似た、緑が美しい田圃の中の道を青年がくつろいだ表情で車を運転している。恥ずかしがりやで、デートの誘いかたも知らないこの主人公はタクシーの運転手。両親を失い、たったひとりの家族は高校生の弟だけ。貧しいけれども幸せな暮らし。

ところが、軍の実権を握り戒厳令を布告した全斗煥陸軍少将の退陣と民主化を求める青年たちを、暴力で封じ込め、さらに丸腰の市民を無差別に銃撃して殺戮する軍隊のあまりの仕打ちに、さすがの市民も憤って立ち上がる。撲殺された友人に義憤を抱いて立ち上がった主人公の弟が目の前で殺されてしまう……。ジフン監督は本作の意義を、まずは事件のことを知らない人に知ってもらいたかったと語り、名もなき青年とその周辺に焦点を当てる。

演技が大げさだという映画評は多かったが、そうではないと感じた。日本人と違い、為政者の腐敗を「恨(はん)」で表現する伝統の仮面劇などに見られる感情表現の激しい韓国人は少なくない。喜怒哀楽を身体全体で表わす知り合いの在日一世を何度も目にしたことがあるからだ。

日本から KCIA による拉致で有名になった政治家の金大中は、この事件の軍法会議で首謀者扱いされ、死刑判決を受けた。その後なんと大統領に就任。そのうえ韓国は、死刑の執行停止が10年を超えた事実上の死刑廃止国だ。

わたしが韓国に行った1990年代、コピーを自分で取れないと聞き、びっくりした。検閲=密告を前提に文房具屋に手渡しで頼む。文房具屋が密告しなければ、共産主義者の手先と見なされてしまうとも聞いた。

光州事件から30年弱。なんという様変わりだろう。この映画は韓国で大ヒット。国は変わるんだ。民主化はここまで人々を変えた。

なお、原題「華麗なる休暇」は、二万五千余名の国軍を動員して、光州市民の弾圧を命じた作戦名。

光州事件を振り返る手がかりの第一歩として、とても優れた作品だと思う。


◆映画『光州5・18』
JANJAN > 映画評論・レビュー・感想 > 「光州5・18」 28年前のあの日 今思い返す2008/04/18 金正勲
JANJAN > 金正勲の光州通信 > 韓国の民主主義、その1980年(2・完)5.18 民主化運動(光州事件)28周年2008/05/21 金正勲
JANJAN > インタビュー > 「光州5・18」 キム・ジフン監督「真実に光を」2008/03/25 芳賀恵
JANJAN > イベント > 「光州5・18」 黒田福美トーク 韓国との25年2008/05/10 岩渕弘美
『光州5・18』アン・ソンギ インタビュー (@nifty映画)
夕張市の映画際が市民の手で復活、招待作品に『光州5・18』(08/02/06@オリコン)
【フォト】光州5・18墓地参拝する映画『華麗なる休暇』の出演陣ら(2007年8月13日@朝鮮日報)
光州5・18(韓国映画・2007年)(2008年3月14日@映画評論家 兼 弁護士坂和章平の映画日記)
1980年5月18日、光州で何が起こっていたのか。 (2008-05-13 16:17@薫のハムニダ日記)
「華麗なる休暇」 (2008/5/12) ・「光州事件・補足」(2008/5/19@不 可 視 の 学 院)
分断時代の法廷 (2008年05月27日「弁護士会の読書」福岡県弁護士会)
「光州5.18」  (2008/05/15(木) 00:28:34@反戦な家づくり)
光州事件から28年 (2008年05月21日、海鳴りの島から 沖縄・ヤンバルより)
光州5・18(伊東良徳のとき・どき★かるちゃ~ 2008年05月28日)
コラム【噴水台】華麗なる休暇(2007年7月29日。中央日報)

Hwaryeohan hyuga (2007) @ IMDb: Internet Movie Database
May 18 (Variety.com, Oct. 30, 2007 by Derek Elley)
May 18 (2007) Movie Review (BeyondHollywood.com, March 1st, 2008 by James Mudge)


映画『光州5・18』 公式サイト
 
「朝日新聞」と「読売新聞」から光州事件を振り返る (映画『光州5・18』 公式サイト)
光州民主化運動(日本語版、光州広域市公式サイト)

◆韓国人の感情表現について
感受性が豊かな韓国人
日本人の感情表現 日本語日本文学 尹 スンミン(韓国)
日本的村社会思考と韓国的直情型火病思考
韓国からのお客様を迎えるにあたって(2)
MBSラジオ1179ポッドキャスト | チョアヨ!韓国
『映画』 ジャンルのランキング
Comments (8)   Trackbacks (33)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 個人情報>住民票....結果が来た | TOP | ジャパンタイムズ紙 定期購... »
最近の画像もっと見る

8 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
今晩は。 (saheizi-inokori)
2008-06-06 22:16:36
私は過剰なほどストレートな演技がかえって良かったと思いましたよ。
Unknown (gaki)
2008-06-07 10:39:01
「華麗なる休暇」が作戦名とは知りませんでした。ありがとうございます。
何とも意味深長な題名ですね。
演技、華麗なる... (千恵子)
2008-06-07 12:14:49
過剰なほどストレートな演技...そうですね。見ていて、知っている朝鮮の人々を思い出してしまいました。

華麗なる...なんともはや、ですねぇ。
オーバーリアクション (BC)
2008-06-07 17:30:33
千恵子さん、はじめまして。
トラックバックありがとうございます。

韓国映画はオーバーリアクションな演技が主流なので、
それはあまり気にはならなかったのですが、
希望のないクライマックスの闘いが
退廃的に感じてしまって作風(演出)に馴染めなかったです。
TBありがとうございました (nao)
2008-06-08 09:15:26
こんにちは。
最近の米国産狂牛病牛肉輸入反対デモのニュースを見ても、韓国民はまだまだ熱いのか!と感心します。日本では誰も声を上げないのですが。
この映画は全共闘を知っている私たちの世代が見るとまさに震撼させられます。光州事件だけでなく「済州島4.3事件」なども事前に知っていると、より考え込まされる映画だったです。
デキ具合としてはどうだったか措いておいても。
Unknown (hoppen)
2008-06-11 18:38:21
TB、ありがとうございました。
この映画は、市民の側からを一方的に描いたもので、
下手をすると、白々しいものになっていたと思います。
俳優たちの力演が、あの時代の市民の感情を今によみがえらせ、韓国での大ヒットに繋がったと思います。
韓国では、独裁政権が長かったせいか、この事件を詳しく知らない方が意外に多いみたいですね。
この映画が、本当の歴史を紐解くきっかけになるのかもしれません。

でも、実は、私は自国・日本の全共闘とかは、あまり知りません。
日本の同じような時代を描いた、いい映画もあるようなので、見てみたいと思います。

映画って、いろいろなことを伝えてくれる、大きなパワーを持っているものなんですね。
TBどうもありがとうございました。 (ハムニダ薫)
2008-06-13 10:42:28
こんにちは。
韓国在住のハムニダ薫と申します。
TBどうもありがとうございました。
実は拙ブログはgoo八分(笑)されており、TBのお返しができませんので代わりにコメントを残させていただきます。

私はこの映画を去年韓国で見たのですが、オーバーリアクションという印象はありませんでした。考えてみると、韓国語には濃音や激音という日本語にはない発音があり、一般の人でも感情表現が日本人よりもストレートなので、日本の方からするとそのように見えるのかもしれませんね。(私もすっかり韓国に馴染んじゃったなぁ・・・)
それよりも、こちらでは「光州が舞台なのに、なんでメインキャストはみんな標準語を話すんだ?」というツッコミが入れられていました。そういえば、コミカルな役柄の人以外は標準語だったな・・・。
コメント、ありがとう (千恵子)
2008-06-14 09:34:06
>韓国映画は
アジア映画は良く見たものでしたが、韓国のはあまり見てないです。
だから、最初の道が有名な道路だというのも分からなかったくらいです。

>希望のないクライマックスの闘い
見ていて、とても辛いです。しかし、あのとき彼らはああするしかなかったのだろうかと。

>「済州島4.3事件」
詳しくは知りませんが、考えさせられます。

>でも、実は、私は自国・日本の全共闘とかは、あまり知りません。
田舎育ちで、少し後の世代なので、わたしも全共闘を直接は知りません。その後の暗黒しか体験していませんもの。

>goo八分(笑)
そういうのもあるのですか。ふぅむ。

>「光州が舞台なのに、なんでメインキャストはみんな標準語を話すんだ?」
現地からの報告、ありがとうございます。日本でも同様に、地方なのに標準語を話すようなもんですかね。

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

33 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
第五十三幕 光州5・18 (ほぼ 日刊 Anthony's CAFE 1.01)
笑顔が消えた婚礼写真    映画 『光州5・18』  1980年。前年・10月、パク・チョンヒ大統領が暗殺された韓国では、同・12月...
光州5・18 (そーれりぽーと)
実際に韓国で起きた悲劇を描いた『光州5・18』。 ポスターを観て、韓国映画で“悲劇”はハズレが少ない事だけを頼りに観てきました。 ★★★★ 衝撃だった。 知らなかった。 全斗煥元大統領って、そういう人だったのか。 ここ数年の日韓の交流には目が行くけど、俺も何...
光州5・18 (シネマ大好き)
昨夜、試写会で「光州5・18」を観た。 1980年5月に韓国光州市で起こった事件をもとに作られた映画。全斗煥将軍によるクーデターに抗議した学生や市民のデモが空挺部隊によって鎮圧された事件で、多数の犠牲者を出しながら、メスメディアの規制により、長い間知...
光州5・18 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
韓国も自国の歴史の闇を描ける時代になった。1980年5月18日の光州事件を初めて真っ向から描く映画だ。当時、暴徒とされた光州市民が、実は軍によって不当に殺害された犠牲者だった事実はあまりに悲痛。韓国映画らしいメロドラマ仕立ては少々辟易するが、それでも未来を奪...
光州5・18/キム・サンギョン (カノンな日々)
1980年前後を描いた韓国映画やドラマの中では史実のモチーフとして扱われることも多い「光州事件」。1980.5.18、民主化を要求する活動家と賛同した学生、市民たちと韓国軍が衝突し多数の死傷者をだした韓国近代史における悲劇です。2008年韓シネ上映作品「なつかし庭」で...
『光州5・18』 (2007) / 韓国 (NiceOne!!)
原題:MAY18監督:キム・ジフン出演:キム・サンギョン、イ・ヨウォン、イ・ジュンギ、アン・ソンギ、ソン・ジェホ、ナ・ムニ、パク・チョルミン、パク・ウォンサン、ソン・ビョンホ、チョン・インギ鑑賞劇場 : 109シネマズ川崎公式サイトはこちら。<Story>1980年5月1...
泣けたぜ 映画「光州5 ・18」 (梟通信~ホンの戯言)
gakisさんに教わった映画。 1980年に韓国で実際に起きた軍隊による市民虐殺戦闘を事実をもとに描いている。 韓流ドラマって見たことはないけど、この映画のストレートに喜怒哀楽を分かりやすく伝える、ある意味では商業主義的な描き方が成功している。 それだけ...
光州5・18・・・・・評価額1500円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
戒厳令下の韓国で、軍が市民デモを弾圧した事が切っ掛けになり、蜂起した市民と軍の武力衝突で数千人の死傷者を出し、韓国現代史上最大の暗...
光州5・18 (まてぃの徒然映画+雑記)
つい30年ほど前のこと。お隣の韓国でこんなことがあったなんて・・・。タクシー運転手のミヌは、ソウル大法学部を目指す弟ジヌの親代わりとして、二人で暮らしている。ジヌは休みの日は教会へ通うが、ミヌはそこで出会ったシネに淡い恋心を抱くのだった。ミヌ、ジヌ、シネ...
「光州5・18」 (てんびんthe LIFE)
「光州5・18」試写会 東京厚生年金会館で鑑賞 原題/??? ?? 華麗な休暇 私は何も前知識を入れずに映画をみるのでこの作品についても全く知らずに鑑賞しました。 でもこういった歴史的事実はある程度、そんなにたくさんでなくてもいい、ほんのひとかじりでも頭の片...
光州5・18 (韓国映画好き)
私は『砂時計』で光州事件を知りました。そう遠くない昔、お隣の国でこんな恐ろしいことがあったなんて・・・とてもショックでした。 これは、はじめて光州事件を真正面から描き、韓国で大ヒットした映画。私も日本公開をずっと楽しみにしていました。 感想は...
「光州5.18」 (平和への結集第2ブログ)
現在、1980年の光州事件を描いた「光州5.18」が公開中で す。 公式サイトはこちら http://www.may18.jp/ mixiの韓国映画のコミュでは、「俳優目当てに観に行って、 韓国の現代史を知ってびっくりした」という書き込みが相次いでいます。 映画の力を感じますね。 ...
第1回活憲政治セミナー「地球温暖化問題から取り残される日本の政治」報告 (平和への結集ブログ)
第1回活憲政治セミナー(2008年5月31日)のビデオと写真を取り急ぎ報告します。後ほど発言要旨などを掲載する予定ですのでお待ちください。 【追記 6月7日】 ビデオの再生で「途切れ」が発生する場合があるようです。考えられる対策を取りますので、後で視聴を試み....
「光州5・18」観て来ました (アンニョンライフ)
気になっていた映画、もう少しで上映が終わってしまいそうでしたから、休暇もらって行って来ました。
「光州5・18」 これって韓流??? (映画コンサルタント日記)
上映スクリーン数: 20オープニング土日興収: 897万円最終興収見込: 1億円
『光州5・18』... ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2007年:韓国映画、キム・ジフン監督、キム・サンギョン、イ・ヨウォン、イ・ジュンギ共演。 正直言って、私の感性に合わなかったのです・・・。
光州5・18 (とりあえず、コメントです)
1980年に韓国で実際に起きた事件をもとに描いた作品です。 観ているのが辛くなるほど悲しくなるのと同時に この物語を作りあげた強さを感じさせてくれました。 タクシーの運転手をしているミヌ(キム・サンギョン)の家族は弟だけ。 両親を亡くした後、家事も頑張りなが...
キム・ジフン監督の「光州5・18」を観た! (とんとん・にっき)
「光州事件」は、1980年5月18日から27日にかけて韓国の全羅南道の道庁所在地であった光州市で発生した、民主化を求める活動家とそれを支持する学生や市民が韓国軍と衝突し、多数の死傷者を出した事件(出典:フリー百科事典『ウィキペディア』)。1980年といえば、今から
光州5・18:良くも悪くも「国内向け」の映画? (犬儒学派的牧歌)
★監督:キム・ジフン(2007年 韓国) 京都シネマにて。 ★あらすじ(Yahoo!映画より引用) ...
『光州5・18』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
1980年5月18日、韓国・光州市。この町で25000余名の戒厳軍が民主化を要求する学生、市民らと衝突した“光州事件”…タクシー運転手の青年ミヌは早くに両親を失い、たった一人の弟ジヌと暮らしていた。父親代わりでもあるミヌは、弟に格別の愛情を寄せていた。そして、ミヌ
『光州5・18』を観た (小さな花ひとつ)
1980年5月の光州事件、当時深い関心をもって報道を追っていた記憶がある。それも
映画 『光州5・18』 (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆1980年5月18日に韓国・光州で起きた“光州事件”を家族思いの青年の姿を通して描くヒューマンドラマ。市民への大弾圧が行なわれた“光州の悲劇”を商業映画として初めて正面から取り上げ、10日間に及ぶ悪夢の惨劇の中に起こった、さまざまな人間愛を映...
「光州5・18」 (ブログションガネー)
今日は有楽町のシネカノンに「光州5・18」を観にいってきました。 10:25から
光州5.18(ネタバレあり) (エミの気紛れ日記)
韓国料理は大好きなのに韓国映画・ドラマは見てないエミです。 韓国映画・ドラマできちんと観たのって『シュリ』だけじゃないかな? あれだけ話題になった『冬のソナタ』も『チャングム』も『シルミド』も見てないし、韓国の俳優さんも知ってるのはヨン様とかチェ・ジウ...
光州5.18 (toe@cinematiclife)
★久しぶりに映画を観て号泣しました・・・。 ★「悲しさ」もあったけれど、「殺される怖さ」もありました。★1980年韓国チョン・ドファン政権時、光州で実際に起きた話が元になっています。ミヌ(キム・サンギョン)とジヌ(イ・ジュンギ)の兄弟は幼いころに両親を亡く...
【2008-115】光州5・18 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 今日、弟が殺された。 オレの目の前で── その日、何が起きたのか
光州5・18 (オモヒノママニ)
1980年、韓国光州でおきたというこの事件のことは、今回の映画化で初めて知りました。何故このような事件が起きたのか、一般市民をも巻き込んだ無差別な惨劇。真相が知りたくてこの作品を鑑賞しました。 実話とはいえ、ドキュメンタリーではないし、一方からみただ...
*光州5・18* (Cartouche)
{{{   ***STORY***             2007年  韓国 1980年5月18日、韓国・光州市。この町で25000余名の戒厳軍が民主化を要求する学生、市民らと衝突した“光州事件”…タクシー運転手の青年ミヌは早くに両親を失い、たった一人の弟ジヌと暮らし...
『光州5.18』 (ko1kubota's Live and Stage Photo Archive blog)
試写会で『光州5.18』を観る。 一応興味のある映画ではあった。光州事件のあった1980年当時、僕は高校生だった。一応それなりに大人だった筈だ。しかし、光州事件の報道を目にしたり耳にしたりした記憶が全くない。 ニュースなんか真剣に見る事のない、ノンポリお気...
光州5・18◆軍の弾圧に散った市民への鎮魂歌 (好きな映画だけ見ていたい)
       「光州 5・18」 (2007年・韓国) 前回「ユゴ 大統領有故」を取り上げた流れで、やはり見逃すわけにはいかないのが光州事件を描いた本作。79年にパク・チョンヒ(朴正煕)大統領が暗殺された翌年の5月、韓国南西部に位置する全羅道(チョルラド)の中心...
「光州5.18」あるいは5.18国立墓地のこと (再出発日記)
寝ている犬を蹴とばすと吠えるだろう。吠える犬は制裁しないといけない。そうして、その犬を棍棒で殴る。そうやって軍は暴徒を鎮圧した実績を作りたかったのだ。一般の市民にとり突然始まったかのように思える1980.5.18の市民弾圧のあと、ミヌたちはそのような意味のこと....
『光州5・18』劇場鑑賞 (ANNE'SHOUSE-since1990-)
ようやく観ることができました。1980年韓国。よ~く考えてみると、そんなに遠い昔の出来事ではないんです。。。.。゜+..。゜+.  .。゜+..。゜+(c)2007CJEntertainment&KiHweckShiDae.AllRightsReserved.『光州5・18』2007年韓国作品 監督:キム・ジフン出演:キ...
光州5・18 (伊東良徳のとき・どき★かるちゃ~)
 光州事件と呼ばれる1980年の軍による住民虐殺と市民軍の蜂起を描いた韓国映画「光州5・18」を見てきました。 私にとっては5月封切りの映画で一番見たかった映画です。作品としては泣かせることを狙ったものではないでしょうが、たくさん泣けました。 序盤、秀...