千恵子@詠む...................

リンクにて開く世界は万華鏡 あれやこれやと交差の果てへ

「黙秘権」取調拒否まとめたよ 前田朗だ三一書房

2017年03月21日 | 詠む

「黙秘権と取調拒否権 -刑事訴訟における主体性-」 前田 朗 三一書房

そ、「黙秘権と取調拒否権」の理論本。

中央大学4年のとき、銀行に内定が決まってたのに突如、学究を目指したんだって。

よかったねー、シャイロックにならなくて。

from 千恵子@ポーシャ

----------- 目次 ----------------

  • 第1章  刑事司法の現状と問題点
    第1節        本章の課題
    第2節        誤判・冤罪にみる司法
    第3節        刑事施設と人権
    第4節        司法、メディア、社会意識
  • 第2章  国際人権法から見た日本司法
    第1節        本章の課題
    第2節        拷問禁止委員会勧告
    第3節        自由権規約委員会勧告
    第4節        社会権規約委員会勧告
    第5節        国連人権理事会普遍的定期審査
    第6節        拷問禁止委員会一般的所見第三号
    第7節        国連人権理事会拷問問題特別報告書
  • 第3章  代用監獄と取調べの実態
    第1節        代用監獄実態アンケート結果(一)
    第2節        代用監獄実態アンケート結果(二)
    第3節        未決拘禁改革のために
    第4節  刑事訴訟法理論の新展開
  • 第4章  取調拒否権の法理と実践
    第1節  取調拒否権の思想
    第2節  黙秘権と取調拒否権
    第3節  取調拒否権の実践と法理
  • 第5章  現代国家の刑事法イデオロギー
    第1節        対テロ戦争の時代
    第2節        ワイドショー刑法
    第3節        資本主義刑罰
    第4節        植民地刑法の再臨
    第5節        市民刑法克服の課題
  • 第6章  批判的刑事法学のために
    第1節        吉川経夫の刑事法学
    第2節        批判的刑事法学への評註
    第3節        人間疎外とたたかう刑事法学
    第4節        厳罰主義刑法から人間的核心刑法へ
    第5節        国家暴力犯罪の歴史を問い返す
    第6節        刑法イデオロギーの解体と溶解
  • 第7章  櫻木澄和の刑事法学
    第1節  櫻木刑事法学との出会い
    第2節  歴史の中のマグナ・カルタ
    第3節  近代市民革命と刑法――近代刑事法原則の素描
    第4節  現代国家の危機と刑事法
    第5節  現代法と主体-客体-関係の構造
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「定期券」浦和川口みじかい... | TOP | 90cc「五勺の酒」に何お... »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Trackback

Trackback  Ping-URL