千恵子@詠む...................

リンクにて開く世界は万華鏡 あれやこれやと交差の果てへ

おかしいな「美女と野獣」は違うじゃん だけど麗しミュージカルなり

2017年05月11日 | 詠む

映画「美女と野獣」

美女っていうけど、エマ・ワトソン。美しいというほどじゃない。

野獣っていうけど、角が生えて格好いい。渋い顔すてき。王子に戻ったら、うらなり男。

違うじゃん? でも良いか。楽しかったから。

蝋燭立てやら時計やら、紅茶ポットとカップ、チェンバロ達のCGにも微笑。

うぬぼれ野蛮男ガストンの子分がゲイ設定だとは、見ていて気づかなかった。他にもいたらしい。

ディズニー映画として初となる同性愛を描いたシーン、ん? そんなんあった??

ロシアマレーシアでは上映禁止とか。

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日仏討論会「多様性を考える... | TOP | またでたよ「救援ノート」改... »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Trackback

Trackback  Ping-URL