千恵子@詠む...................

リンクにて開く世界は万華鏡 あれやこれやと交差の果てへ

裁判員

2013年04月18日 | 詠む

裁判員...死刑判決だしたひと 病になりて国賠提訴

福島・死刑判決:元裁判員がストレス障害 遺体画像で 毎日新聞4月18日

>強盗殺人罪などに問われた被告に死刑を言い渡した今年3月の福島地裁郡山支部の裁判員裁判で、裁判員を務めた福島県の60代女性が、証拠調べで見た遺体のカラー画像などが原因で不眠症や食欲不振に陥り、「急性ストレス障害(ASD)」と診断されたことが分かった。

急性ストレス障害って、症状が1月以上続くと心的外傷後ストレス障害(PTSD)になるかもしれないんだって。

<ストレス障害>元裁判員、食欲失い幻覚も 福島・死刑判決 毎日新聞4月18日

>初公判。帰宅した女性は無口になり、肉料理をいやがった。審理が進むにつれ、食べても嘔吐(おうと)を繰り返し、体重は急激に減少。夜中に突然起き上がり「夢に出てきて怖い」と震えた。認知症のお年寄りも預かる福祉施設に勤める女性は、職場での夜勤中に「幻覚を見る時もあった」と漏らす。

>評議の内容を口外してはいけないという守秘義務も重くのしかかった。「いろいろと話せれば気が楽になるかもしれないのに、どこまでが守秘義務に反するのか分からない」。職場でも公判のことを話せず、同僚も気遣って聞かなくなった。他の裁判員や裁判官との評議の結果は、死刑。14日の判決公判後には、その重い判断に加わったことへの悩みも抱えた。

>女性の様子を見て、夫は裁判員のためのカウンセリング制度の存在を知り「裁判員メンタルヘルスサポート窓口」に電話した。面談できる場所は東京が最も近く、1人5回まで無料だという。しかし「裁判で有給休暇を使っており、さらに仕事を休んで交通費をかけてまで行けない」。センターに紹介された県内の保健所に電話すると「裁判員のための相談は知らない」「必要なら精神科を紹介する」と言われ、がくぜんとした。

>自力で何とかするしかないと女性は3月22日、自宅近くの総合病院を受診。心療内科の医師は「ASDで1カ月の休養が必要だ」と診断。心的外傷後ストレス障害(PTSD)への進行を懸念し、薬物療法を決めた。職場は常に人手不足で「休めない」。薬物の副作用が出たら責任ある仕事ができないと、服用をためらう時がある。

>夫は「過料を払っても裁判員を拒否させるべきだった」と悔やむ。「死刑しかないと思っても『思う』のと『決める』のとは別。一般人の裁判員は、たった一度の裁判で一生苦しみ続ける」

>女性は自らを責めるように問う。「私は特別に弱い人間なのでしょうか。心を病んでしまった裁判員は他にいないのでしょうか」

あまりに痛々しくて言葉も出ない。

裁判員いらなインコちゃんのアドバイス

>最高裁はこれまで裁判員候補者の不出頭を処罰したことがない。イヤなら行かなくていいんです。行ったらヘタするとPTSDになって職を失ったり車の運転ができなくなったりするかも。そこまでいかなくても夜眠れないと言う人たくさんいます。

そうだよねえ。

裁判員裁判被害国賠が浮き彫りにする「不都合」 元「法律新聞」編集長の弁護士観察日記5月13日

> 「大義」の上に、参加する国民の「負担軽減」をいう論調は、依然、「強制」という制度の本質的問題を飛び越えようとするものにほかなりません。裁判員制度をめぐる本当の「過失」と、さらには推進しようとする側が現実を隠す「故意」という視点から、この国賠と制度の現在をみつめる必要があるように思います。

訴状に表れた原告の意思をも検討した、鋭い分析。

ジャンル:
ウェブログ
Comment   Trackback (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「好奇心 | TOP | うそ自白 »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Trackback

Trackback  Ping-URL
裁判員経験者、急性ストレス障害発症で国家賠償訴訟へ (裁判員Blue)
人気ブログランキングへ 今年は、元裁判員が遺体写真からASDになり国家賠償へ提訴しましたね。 <ヨミドクター>「つらい思い、私を最後に」 元裁判員国賠訴訟…宮城(読売新聞 2013年5月8日)  「こんなつらい思いをするのは、私を最後にしてほしい」。福島地裁郡山支...