千恵子@詠む...................

リンクにて開く世界は万華鏡 あれやこれやと交差の果てへ

「謀反の児」そうなんだあとびっくりん 宮崎滔天「世界革命」

2017年06月15日 | 詠む

謀反の児 宮崎滔天の「世界革命」 加藤直樹 河出書房新社

大陸浪人というか右翼のひとだと思ってた。滔なんて、名前も難しそうだし。

実は数少ない、まともな日本人。コスモポリタン。歴史のなかで懸命に中国革命を応援したひと。

「9月、東京の路上で」を描いた加藤直樹、渾身の記録。

滔天おじさん、生涯ほとんど無職で50代で死ぬと。

------- 目次 緑字は千恵子メモ -----------------

宮崎滔天は「アジア主義者」か
肥後の二つの維新 36 和製ガリバルディ君も出てくるんだ その後は違うけど 良い風土だったんだなあ 44 にいちゃん八郎は台湾先住民殺しへ ガリ君は18年後に朝鮮王妃暗殺
先天的自由民権家
世界を変える 83 福沢諭吉の「朝鮮改造」 88 影山英子 20歳 あとにも出てくる うれしい
日本人をやめる 福沢も(教育勅語でバッシングうけた)内村鑑三も母も 日清戦争大賛成 げーっ なんということだ
虚を衝ひて実を出す
革命家と浪人
三十三年の「悪夢」
浪曲と彷徨
民報社の時代 250 英子は革命ばあさん たぶん私より二十は若かっただろうに なんでそう呼ばれるのかなあ
革命の白い旗 260 1905年 米国のフィリピン支配を、英国のインド支配を 1907年仏国のベトナム支配を認めて 引き換えに日本の韓国支配を認めさせる ひどいなあ
対華二十一カ条 苛斂誅求 292 孫文 鉄道よろしく 満州パラダイスときたもんだ 302 破れかぶれで選挙に出て惨敗する宮崎滔天
「亡国」という希望 308 25歳の毛沢東 310 40代で絶対安静か 酒の飲み過ぎ ぼろぼろの身体 303 白虹事件 朝日の社長を全裸にして公園に晒す 次の標的とされた吉野作造教授は宮崎龍介らが身体を張って守る 新人会
革命は食なり

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新宿のテント芝居だ懐かしい... | TOP | 「どくんご」の芝居みるんだ... »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Trackback

Trackback  Ping-URL