千恵子@詠む...................

リンクにて開く世界は万華鏡 あれやこれやと交差の果てへ

山奥の「マコの宝物」いろいろと えきたゆきこの子ども時代と

2017年05月17日 | 詠む

「マコの宝物」 えきたゆきこ 現代企画室

50年代の山奥の暮らし、主人公は小学生のマコ。

あー、田舎の性別役割分業やだやだ。栃木県のチベットと呼ばれた封建的な風土、まわりは農家ばかり。いまでも田舎に帰ると体調が悪くなるわたし。

この春、20年の刑期を終え出所した浴田由紀子の本なので、がんばって読む。そして、しだいにマコの世界に魅せられていく。

貧乏だけど、心豊かな里くらし。家に1本しかハーモニカが無いので、姉妹で喧嘩してしまう。でも、思いやって泣いてしまう。

母さまは、くじらうり。マコは一緒についていく。いろんな出来事に、どきどき。

じいさまと、5歳のマコの冒険も楽し。

帯では清水眞砂子が激賞している。

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アフロ記者朝日やめたら更に... | TOP | ドイツの戦後70年 「歴史認... »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Trackback

Trackback  Ping-URL