千恵子@詠む...★福島みずほ応援団

リンクにて開く世界は万華鏡 あれやこれや
と交差の果てへ

権力腐敗描く ダークナイト

2008年09月04日 | 芸術
権 力 腐 敗 描 く  ダ ー ク ナ イ ト



バットマンは米国の有名な漫画の主人公で何度も映画化された勧善懲悪のスーパーヒーロー。今、上映されている映画は『ダークナイト』という題で公開され欧米で大ヒット中。

夜中に蝙蝠(コウモリ)の図柄を空に投影すると、どこからか覆面の正義の味方が駆けつける「お約束」となっている主人公は暴力で制圧するだけ。バットマンは富豪のうえ会社の特別費を使い放題でバットモービルなどを特注する権力者。なにやら、世界の警察官=米国みたい。米国と違い殺しはしないが、暴力で正義を目論む。大ヒットとなったのは、今回のバットマンが強敵の悪役にきりきりまいさせられ完敗するから。

強敵ジョーカーは、お金ほしさの銀行強盗とは違う。バットマンを翻弄するのが「生きがい」のツワモノ。はてさて裏を掻かれて負け続けるバットマンは、本性をむきだしにし、留置場のジョーカーを拷問する。そのやり口は、CIAを彷彿とさせる。違法であることを承知しながら、ひたすら暴力で自白を迫るバットマンを警察は制止しない。映画は、警察や検事が暴力体質だということも描いている。

魔都ニューヨークを連想させるゴッサムシティで最後の決戦に備えて、バットマンは会社の部下に全ての携帯電話の盗聴を命じた。その発想はブッシュ政権下の国防省が推進する全情報認知システムプロジェク トに酷似している。これは、テロ対策を口実に、人々の個人情報、たとえばクレジットカード会社や健康保険会社のデータ、盗聴情報データベースなどを統合し 国家が管理する人権無視のプロジェクト。

登場する人物は、悪役はもちろん検事・警察からバットマンまで違法行為や市民に対する背信、虚偽をいとわない。これを評しニューヨークタイムズは「モラルをすべて灰色に描いた」と論評。

原作のお遊び正義ごっこなど今どき受けるわけもない。悪役ジョーカーの怪演ばかり宣伝されるこの映画をイギリスの新聞タイムズは「9・11から構想した」と評し、ニューヨーク・タイムズは「テロとの戦いに対する一種の批評」とまで指摘したらしい。つまり現代米国の自画像ともいえる。お子さまコミックの映画化ではなく、大人向きアクション・スリラーなのだ。

米国刑事法など米国事情の基礎知識を前提に、猛スピードの展開が日本人には難解で、日本での興行成績は悪いものの「米国の正義」の不正・腐敗・偽善を描いたこの怪作、たっぷり堪能できた。


◆ダークナイトの主な関連リンク・資料
ダークナイト (The Dark Knight/2008/Christpher Nolan)(クリストファー・ノーラン)(2008-07-14、粉川哲夫の【シネマノート】」
The Dark Knight(2008-08-03 14:42:47、隠された毎日)

「ダークナイト」(土方美雄の日々これ・・・、2008-08-11 02:12:21)

バットマン…実はブッシュ大統領? (1/2ページ) - (MSN産経ニュース 2008.7.23 18:19)
 「『がれきから立ち上る煙の中でたたずむ消防士、外国人の誇張された描かれ方、悪に対する戦いが次第に度を超えて復讐(ふくしゅう)めいてくるところ…。映画は9・11から構想を拝借したとしか思えない』。英紙タイムズはこう指摘する。
 『明らかにテロとの戦いに対する一種の批評である』と分析するのは米紙ニューヨーク・タイムズだ。今年1月に急死した俳優、ヒース・レジャーさんが演じる 悪役ジョーカーを『ウサマ・ビンラーディンふうのテロリスト』と性格付けする一方、バットマンを『闇を抱えたやり方でのテロへの反撃』ととらえる。
  バットマンは拷問や盗聴など超法規的手段を用いながら、ジョーカーを追い詰めていく。正義の味方でありながら、通常の法の枠組みから逸脱した行為も辞さな い姿が、キューバにある米軍グアンタナモ基地でのテロ容疑者の長期拘留や、捜査目的での盗聴範囲を拡大し社会問題化している米国の状況と重なる。」
バットマン…実はブッシュ大統領? (2/2ページ) - (MSN産経ニュース 2008.7.23 18:19)
 「
大手ニュース・評論サイト「スレート」は、『旧来のわかりやすい善悪の図式が崩れていく9・11以後の状況を寓話(ぐうわ)的に描いた』と指摘する」
映画「ダークナイト」監督 クリストファー・ノーラン氏(FujiSankei Business i. 2008/8/13)
 「『世界の警察』として君臨する超大国、
米国の現在のジレンマを描いたのか? そう聞くと、『自由に想像できるのが映画の魅力。楽しんで見てほしい』と煙に巻かれた」
"ジョーカーはアナーキスト"『ダークナイト』プロデューサー、チャールズ・ローブン&エマ・トマース 単独インタビュー (CINEMA TOPICS ONLINE 2008/08/12)
How Batman became cinema's top trump - August 17, 2008, Times Online
 Batman beats up the Joker in jail, a scene reminiscent of the "enhanced interrogation techniques" used by the CIA on terrorist suspects, and uses a computerised tracking system to plug into every mobile phone in the fictional city of Gotham, much like the "Total Information Awareness" wiretapping programme espoused by the Bush administration. (引用者註: "Information Awareness Office" - 米国国防省情報認知局)
Batman and the War on Terror - August 28, 2008, The New York Times
 Mainly, though, the movie seems to paint it all in moral grays ― like almost everything else in this Gotham City.
『ダークナイト』意外な日米格差 日本の興収は全米の3%程度に!?(日刊サイゾー)
苦情殺到!『ダークナイト』は子どもに過激すぎる(2008年8月11日、シネマトゥデイ)
Press views of The Dark Knight (BBC News - Entertainment)
The Dark Knight review (TimesOnline.com)
興行成績:『ダークナイト』、4週連続で1位(韓国発 2008/09/02 08:55:06、朝鮮日報日本語版)

岡本太陽氏 米映画批評: ダークナイト(2008年07月22日、映画批評なら映画ジャッジ)
『ダークナイト』(2008/8/2、SF映画夜話)
前田有一氏 激映画批評: ダークナイト(2008年08月04日、映画批評なら映画ジャッジ)
スタッフ古庄 的映画批評: ダークナイト(2008年08月06日、映画批評なら映画ジャッジ)
『ダークナイト』はバットマン映画か? (2008/8/20 01:18、浦澄彬の音楽批評)
『ダークナイト』97点(100点満点中)(前田有一「超映画批評」)

世界は硬直しすぎる―「ダークナイト」 (豆酢館 2008-09-04 01:03:1)
映画『ダークナイト』/監督:クリストファー・ノーラン(読書日記と着物あれこれ  2008-09-04 00:46)
『ダークナイト』~苦悩映画の最高傑作(たけくまメモ 2008年8月22日)
【映画2008】ダークナイト(ゲームの王道 2008年08月02日 23:59)
ダークナイトの奇跡(伊藤計劃:第弐位相 2008/07/30 16:48)
映画『ダークナイト』レビュー(行者のログ道★迷い筆 2008/09/02)
ダークナイト(庶民の弁護士 伊東良徳のとき・どき★かるちゃ~ 2008年08月10日)
バットマンは犯罪者(伸太郎はNZに行けるのだろうか 2008.9.3)
ダークナイトユーザーレビュー (Yahoo!映画役立ち度順)
ダークナイトユーザーレビュー一覧 (goo 映画)
映画レビュー検索: ダークナイト (Google)
Dark Knight, The (2008): Reviews (CNET Networks - metacritic.com)
IMDb user comments for The Dark Knight (Index)

The Dark Knight Official Site
映画『ダークナイト』公式サイト
The Dark Knight Offizielle  Webpräsenz
WhySoSerious.com
IBelieveInHarveyDent.com
GothamCableNews.com
ダークナイト(ウィキペディア)
The Dark Knight (Wikipedia)
The Dark Knight quotes (Wikiquote)
The Dark Knight (shooting script - pdf file @ JoBloA)
The Dark Knight (2008) (IMDb: Internet Movie Database)
Dark Knight, The (2008) (MRQE: Movie Review Query Engine)
The Dark Knight (Apple - Movie Trailers)
ダークナイト (アップル - 予告編)
ダークナイト冒頭5分46秒クリップとイメージクリップ (06:37 @ TrailerAddict.com)
The Dark Knight (Trailers, ComingSoon.net Film database)
The Dark Knight mistakes (MovieMistakes.com)

ジャンル:
ウェブログ
Comments (7)   Trackbacks (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 詠む 長月 | TOP | ネット銀行なるもの »
最近の画像もっと見る

7 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
すみません (おんたけ)
2008-09-03 22:33:21
トラックバック2度も不手際です。
大変申し訳ございません。
削除願います。
構図 (Devlin)
2008-09-04 01:20:02
>小国イラクは、お金ほしさの貧乏国家とは違う。アメリカを翻弄するのが「生きがい」のツワモノ。はてさてイラクを制圧できなかった米国は、本性をむきだしにし、中東のイラクを爆撃する。そのやり口は、ナチスを彷彿とさせる。違法であることを承知しながら、ひたすら武力で屈服を強いるアメリカを、国連や国際社会は制止しない。

つまり・・・こういうことですな。
どうも (千恵子@ジョーカー)
2008-09-05 07:03:44
おんたけさん。コメント、ありがとう。
映画辛口批評のトラックバックは、届かないアドレスなので削除しました。

デブリンさん。またまた、鋭い分析が....。
トラバありがとうございます。 (sokyudo)
2008-09-07 23:50:09
先日はトラバいただき、ありがとうございます。こちらかもトラバさせていただきました。

『ダークナイト』を観ると、アメリカも9・11直後の「テロリストはアメリカの自由と民主主義が憎いのだ」のような嘘くさい被害者意識から抜けて、やっと自分たちがやってきたことを冷静に見られるようになりつつあるのかな、と思います。

コメント、ありがとうございます。 (千恵子@クリストファーノーラン)
2008-09-08 06:03:50
世の中、捨てたもんじゃないですね。
TB、遅くなりすみません (あん)
2008-10-11 21:24:28
>お子さまコミックの映画化ではなく、大人向きアクション・スリラーなのだ。

最初の頃の『バットマン』映画と比べると、驚くばかりです。
ホントに、重厚でダークなオトナの映画でしたね。
コメント、さんくす (千恵子@ゆっくりん)
2008-10-13 15:57:53
あんさんのように、イラストが描けたら素晴らしいですね。

ブログ、映画を楽しんでいる様子が伝わってきて注目しています。

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

12 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
世界は硬直しすぎる―「ダークナイト」 (豆酢館)
追記しました。
『ダークナイト』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ダークナイト」□監督・原案・脚本 クリストファー・ノーラン □原案 デヴィッド・S・ゴイヤー □キャスト クリスチャン・ベイル、マイケル・ケイン、ヒース・レジャー、マギー・ギレンホール、ゲイリー・オールドマン、モーガン・フリー...
『ダークナイト』が到達したところ (蒼穹堂治療室のブログ<日々是烈日>)
クリストファー・ノーラン監督の『ダークナイト』が人気だ。都内のチケット・ショップでは、前売りがことごとく売り切れになっている。「そんな映画、知らないよ」という人は、まずは『ダークナイト』の公式HPへGO! 『ダークナイト』は、ノーランの『バットマン・ビギン...
映画鑑賞|ダークナイト (iBLOG)
過去エントリー(NOKIA「ダークナイト」キャンペーンに当選!! )でお話ししましたが、NOKIAのキャンペーンで「ダークナイト」の鑑賞券が当選しましたので、タダで観てきました。ちなみに、ペアチケットだったのですが、ひとりで観に行きました
【映画評】ダークナイト (未完の映画評)
最強の敵にして絶対悪のジョーカーに翻弄されるバットマンの苦悩を描いた、『バットマン ビギンズ』に続くバットマン新シリーズ第二弾。
ダークナイト 総論? (小覇王の徒然なるままにぶれぶれ!)
   まずは、前回のダークナイト 総論?を読んでください。    ジョーカーの次
ダークナイト(2回目)★★★★☆+劇場64本目:素晴らしい作品... (kaoritalyたる所以)
ちょうど1ヶ月前に見た『ダークナイト』をまた観てきました。やはりこの映画の見所はヒース・レジャー演じるジョーカーでしょう。今年の1月に亡くなったことが悔やまれてなりません。彼ほどの狂気をもったジョーカーを、次に誰が演じるというのか‥。何と言うかもう、彼...
ダークナイト (ルナのシネマ缶)
ヒース・レンジャーの 遺作となった作品です。 彼のジョーカーは、 リアルでかなり怖いですよ~。 ダークナイトとは、 「闇の騎士」のこと ラストにその意味が よくわかります ゴッサムシティは、相変わらず犯罪が多発し、 ジム警部補(ゲイリー・オールドマン...
ダークナイト (雨は止まない)
暗い夜、ではなく、闇の騎士、なのね。 映画が始まってから終わるまで、目はジョーカーに釘付けでした。 ヒース、どうして死んじゃったの? ジョーカーといえば、ジャック・ニコルソン演じた初代ジョーカーが、私の中には強烈に残っているんです。 いやらしくてし...
ダークナイト (描きたいアレコレ・やや甘口)
あれぇ~~~もう9月です!お久しぶりです 子供の頃、9月1日や2日といえば、まだ夏休みの宿題をやっていたなあぁ...と、ろくでもない事を思い...
虚構を暴く虚構『ダークナイト』 (論駄な日々)
映画『ダークナイト』に少なからぬショックを受けた。バットマンは「正義」のヒーローでもなんでもなかった。いわば法的手続きを経ずに「悪」を懲らしめるビジランテ。マスクで顔を隠し、みずからが信じる「正義」だけに基づいて「悪」に鉄槌を下す独善的な姿は、KKKと同...
ダークナイト (伊東良徳のとき・どき★かるちゃ~)
 バットマンシリーズの最新作「ダークナイト」を見てきました。 公開初期の興行収入の全米記録をいろいろ塗り替えた大ヒットだそうですが、日曜日朝9時台というアドバンテージ(人混みが嫌いな私にとっては)のためか、封切り2日目でもけっこう空いてました。 テーマ...