千恵子@詠む...................

リンクにて開く世界は万華鏡 あれやこれやと交差の果てへ

「風立ちぬ」

2013年07月27日 | 詠む

「風立ちぬ」いざ生きめやも嗚呼いやだ そんなふうには生きたくないな

映画「風立ちぬ

ゼロ戦、そう零式艦上戦闘機の主任設計者の物語。

少年時代に、

 1) 妹に話しかけるにも敬語を使う礼儀正しさ

 2) 弱いものが虐められているのに抗する正義感

 3) でかい奴らにズタボロにされても、転んだだけさというプライド という美徳

それが戦争時代には、

 1) 下に礼儀正しいということは、上にも当然に礼儀正しい

 2) 白人たちの列強に立ち向かうアジア民衆

 3) 負け続けの戦でも、連戦連勝という夢想

という帝国海軍に転用されていくのかと、辛い展開だった。

          △       △      △

本作に参画する企業。

協力会社として三菱商事。戦前、戦中、戦後と一貫して軍需産業だった三菱重工業の系列会社。

  (「証言と遺言」 福島菊次郎 デイズジャパン 5 日本の軍需産業を参照)

そして映画を見たあとで開封するようにというプロデューサーのメッセージのスポンサーは、携帯電話会社かあ。

         □       □        □

女の扱われかたという点でも、興味深い。

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ケータイを | TOP | 大久保の »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Trackback

Trackback  Ping-URL