千恵子@詠む...................

リンクにて開く世界は万華鏡 あれやこれやと交差の果てへ

東弁は

2013年05月16日 | 詠む

東弁は市民の声に応えてね 浮上せるなり補助員疑惑

東弁「審査補助員」推薦問題の深刻度 元「法律新聞」編集長の弁護士観察日記 5月8日

>東京弁護士会が今、問われているのは、ミスとすれば、市民には理解できない、とてつもなく感性が鈍磨しているととられるミスか、それとも、八木氏も前記ブロクで指摘しているような、とてつもない「ブラックボックス」としての不正義であるということを、弁護士会は深刻に受けとめる必要があります。

これが結語だ。法律新聞というのは、われらが救援連絡センターも購読している業界専門紙。

そのほか諸姉諸兄からも疑念が浮上していたが、極めつけがでてきた。

なめたらいかんぜよ:東京弁護士会と検察と検審に行ってまいりました 八木啓代ブログ

詳しい経緯が報告されているので、ぜひ下線部分をクリックしてね。なかでも...

>非常に奇妙なのは、検察審査会で、資料として提出していた書籍「検察崩壊」12冊をご返却頂いたのだが、8ヶ月にわたって3代の審査員が入れ替わりでお読みになったわりには、どの本も新品同様で、フリップがそのままついているものも何冊もあった。

長かったね8ヶ月。なんせ3代に亙って審査員が変わったんだもん。

3代って、首が変わっただけ? 民間人は飾りか?

>どうやら、審査員の方々にご配布なさらなかったようである。いうまでもなく、補助弁護士の方の「ご配慮」であろう。こんなもん、審査員みんなにじっくり読ませたら、一撃で起訴相当が出そうですもんねえ。

そう思われても仕方がないぞ。

>それどころか、こうなると、私たちの出した申立書以外の添付資料も、どこまで、審査員に配布されたか、いたって怪しいものである。補助弁護士が曰く付きの方だと、ほんとに何を疑われても仕方ないということですね。

その虞れ、大である。

>疑惑だらけの補助弁護士を送り込んだ東京弁護士会に、もしなにか申し上げたいことがある方は、こちらから、ご意見・ご要望をお送りできるそうである。因みに、電話番号は、03-3581-2201なので、おかけ間違いのないように。

まあ、なんて親切なんでしょう。「ご意見・ご要望」画面まで教えてくれて啓代さん(爆笑)。

>ところで、来週は、私の4ヶ月ぶりのライブもございます。メキシコ料理のお店で、フルコースがたった2500円で食べられるという超お得な仕組みになっておりますので、ぜひ、ご予約の上、お越しください。こちらの詳細とネット予約はここから。電話予約は、03-3460-1077で、こちらもおかけ間違いのないように。

そうそう、本業は音楽家なのよね啓代さん(微笑)。

 

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 受刑者 | TOP | 「不妊」治療 »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Trackback

Trackback  Ping-URL