智慧子のブログ

詩のある暮らし

立冬の朝

2016-11-07 08:32:24 | 日記
立冬の朝。
椿の蕾も間もなく雪囲いされ、人間と一緒に春を待つのです。



北庭の周りの杜鵑草を抜き取ると、藪柑子が現れました。
結構、増えていたので吃驚したと同時に、嬉しく思いました。
これは万両、千両、ではないのですが、藪柑子は別名「十両」
とも言われ、縁起の良い植物ですもの。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 貴重な秋晴 | トップ | 立冬の月 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。