智慧子のブログ

詩のある暮らし

青紫蘇の花

2016-09-19 19:49:14 | 日記
午後7時30分、雨が止みません。気温もこの時間で18.7℃と
どこまで下がるのかしら。

霧雨か夕霧のような庭では、青紫蘇の白い花が咲いています。
紫蘇は平安時代以前から栽培されていたそうです。

紫蘇を大別すると緑色の青紫蘇と、紫色の赤紫蘇の2種類が
あり、いずれも葉だけでなく成長段階に合わせて、芽や花も
お料理に利用できます。
発芽まもないものを「芽紫蘇」、3分の1ほど花をつけたも
のを「花穂」、一部に実が入ったものを「穂紫蘇」と呼び、
それそれ料理には欠かせない名脇役たちです。

青紫蘇は健康に良い免疫力を高める食べ物であるとも聞き
ますので、試してみたくなるというものです。
特にこの頃の気温の大きな変化には、一病を持つ身には、
つらいものがあり、今日などは体調が思わしくありません。

高浜虚子の好きな俳句より

紫蘇の実を鋏の鈴の鳴りて摘む

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋の雨 | トップ | 川の防災情報 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。