智慧子のブログ

詩のある暮らし

この花を観るために

2017-05-05 16:51:45 | 日記
立夏の朝。病院の前庭の躑躅が鮮やかです。満開になれば
もっと華やかになりますね。



端午の節句です。昨日、近所で見つけた「鯉幟」。
子供の頃は、父を中心に家族で太い竹竿をたてて、庭で鯉幟
を見上げたものです。夕方になって取り込むのは姉である私
の役目でした。今は亡き弟はこの空を自由に飛んでいること
と思います。



明日は咲くでしょうか花菖蒲。
この花は友人の庭に咲く様子が気に入って取り寄せて植え
たものです。今から36年前のことになります。
この熊本花菖蒲は、江戸末期から明治時代に、肥後藩士ら
によって作出された武士の花と聞いています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 晩春の月夜 | トップ | 立夏の夕月 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。