Chie Blog

フリーアナウンサー 司会 - 岡 千恵 -

金曜二時台は

2017年07月14日 | 船附洋子の宮島講座

 「船附洋子の宮島講座 ~知られざる宮島~」を金曜二時台お届けしています。
今日は 昭和20年8月6日 広島の沿岸から約10km離れた宮島で何が起こったのかお話しいただきました。
 船附さんが20代の時にいろんな方のお話しをきいてまとめられたものです。
宮島町役場にいた方の証言によりますと机上の書類が飛び散り、何事かと塔の岡の千畳閣へ駆けあがってみると広島の方向にモクモクと不気味な雲が上がっていたそうです。
あまりの大きな爆音だったため 包ケ浦の弾薬庫が爆発したと宮島町民の方は思ったということ。
正午過ぎにひどいやけどをした町民が宮島へ戻ってきたとき 初めて広島に大きな爆弾が投下されたことがわかったとお話しいただきました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今年の優勝トロフィー | トップ | 中高時代にお世話になった英... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。