チエちゃんの昭和めもりーず

 昭和40年代 少女だったあの頃の物語
+昭和50年代~現在のお話も・・・

いのはなご飯

2016年10月17日 | チエの玉手箱
昨日、ダム見学から帰ってから、いのはなご飯を作りました。
まつたけを購入した時、いっしょに買ったものです。
今回は乾燥したきのこを使いました。

「いのはな」は、漢字では「猪の鼻」です。黒茶色なところが猪の鼻に似ているからかな?
別名「シシタケ」、香りが強いので「コウタケ」とも呼ばれます。
こちらは、昨年の写真



あれ~、昔、母が作ってくれたご飯となんか違う!
ヒロシにも、まつたけご飯の方がいいと言われてしまった。
今度、母に作り方を聞くことにしよう!

副菜は、前日作った里芋と鶏肉の煮物、かぶの浅漬けです。
『手作り料理』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 摺上川ダム見学会 | トップ | 昭和めもりーず10周年! »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
猪鼻飯 (玉井人ひろた)
2016-10-18 18:01:18
マツタケご飯より、やはり「イノハナ飯」のほうが旨いと、わたしは思います
今晩は (ちやこ)
2016-10-18 22:55:00
イの花ご飯ですか 

松茸より 美味しい ご飯ですか~

食べて見たいですね~ 

>玉井人ひろたさん (チエ)
2016-10-19 20:43:36
実は、私もいのはなご飯に1票なのです。
ただ、今回は私が味付けを失敗してしまいました。
家族に敬遠されたのは、最近きのこご飯が続いたせいだとも思われます。
コメントありがとうございました。
>ちやこさん (チエ)
2016-10-19 20:47:08
こんばんは~
田舎に住んでいると、こんなものが味わえるんですよ。
我が家の年3回の贅沢の一つです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

チエの玉手箱」カテゴリの最新記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。