旅の途中 FM銀河「てんがらもん」の毎日

FM銀河「てんがらもん」のパーソナリティが管理人。地域の情報が溢れ・リスナーさんも発信できる建設的な番組に。全国区。

母さんの夜なべする顔とがりおり ・本当は昼間はこんなお部屋です

2017-05-14 | 日記

5月14日(日)

 

      

夕方5時前の桜島です

 

母の日に寄せて

長兄の長女が描いた母の姿、次兄の自叙伝のために。

母は明治33年生まれ、母が40歳(たぶん数え歳)私は生まれました。

生きていれば117歳でしょうか。

6人兄弟兄3人、姉2人の末っ子です。

小学校低学年まで母のおっぱい触って寝ていました。

母は私が26歳の時老衰で亡くなりました。

66歳ですよ。お百姓の仕事で体はエビのように曲がり、私が

結婚した61歳でも、鹿児島まで来れない体でした。

病気というより、足腰弱っていたと思います。

お寺参りが好きで、四季折々どこかで法要があるとお説教を聞きに出かけていました。

私もよく連れられて行きました。

 

温泉好きだった母は、毎年2月は別府の鉄輪に湯治に行くのがお寺参りの

次の楽しみでした。

そのために、夜なべをしてせっせとむしろを下ろしていたのです。

晩年の2年は、私は週1回ハガキを書くことに決め、それだけが親孝行らしいこと

ができたと思っています。

母の布団の下には私のはがきがたくさん残されていました。

母は達筆でしたが、寝込んでからの文字はやっとかけた読みずらい文字でした。

忘れられないハガキは私のうたごえの友人が、初めて苅田町の補欠選挙に出て

圧倒的支持を得て当選した知らせのはがきです。

その頃町長がいろいろ不正を働いて、それを何とかしようと国鉄の労働者だった

kさんが仕事を辞めて共産党から立候補したのでした。

封建制の強い田舎でのkさんの立候補は、結果を知るまでは厳しいものがあるだろ

うと思っていました。

「Kさんが最高当選したよ。kさんは共産党だけど立派な人だとみんなが入れたんだよ

兄ちゃんにも入れていいかと聞いたら、入れたい人を入れていいよといったよ(兄は

アメリカ軍のキャンプの仕事で首がかかっているからと私にもよく言いました)

動けないので投票場まで載せていってくれたんだよ」

ハガキぎっしりに書かれたひん曲がった文字が躍っていました。

 そういえば、父も母も私が保育園で働いていたころ、安保三池の集会に参加して

首になった時も何も言わずに見守ってくれました。

父は地区の安保共闘の議長に私への支援のお礼状まで書きました。

母は私が一人で下宿先で行先もなくてふて寝していたら「お前に代わってやりたい」

と枕元に座っていました。

地域の労働関係の団体のみんなに支えられて、私の解雇は「転勤」

という形でけりが付きました。

転勤ではなく町長が関係のない施設に3ケ月分の給料を払って引き取ってもらった

だけですが、私は24時間監視されるその施設を後にして 鹿児島でのうたごえ祭典の

仕事をさせてもらいました。

両親とも私の子どもたちにお年玉をくれることもなく旅立ちました。

生まれて10ケ月の長女を連れて 帰省の準備をしていたら、父が事故死の

知らせ・・庭作りの手伝い中木の下敷きになりました。母より2年早い

私が24歳の時です。だから父は孫にも合わないままでした。

           美しい社会を作るために

        美しい社会を作るために戦っていればこそ

          男は女を愛し女は男を愛することができる

           ひとりが西を向き一人が東を向いて

        どうして相抱くことができようか 

       美しい社会を作るために そのために戦っていればこそ

          男は女を愛し 女は男を愛することができる

                              ぬやまひろし

 

全九州の祭典で私は事務局員、開催地の夫は事務局長でした。・・ 2ケ月

そのあとは東京での数万人1961年日本のうたごえ祭典の事務局員に派遣されて

・・・2ケ月 大会準備に携わりました。20歳の時です。

生涯うたごえ運動をさせてもらえる人と信じて、結婚を決意しました。

両親から見れば21歳の私が、結婚すると聞いて安堵したようでした。

 

 両親とも私の子どもたちにお年玉をくれることもなく旅立ちました。

生まれて10ケ月の長女を連れて 帰省の準備をしていたら、父が事故死の

知らせ・・庭作りの手伝い中木の下敷きになりました。母より2年早い

私が24歳の時です。だから父は孫にも逢わないままでした。

 

昨日整然とした部屋を見せて誤解がありました。

本当は作業中はいつもこうなります。

だから休む前に、あの状態に戻さないと大変です。

 

げた箱と言ってもカーテンで見えませんが55年もの、右(私用)は夫の手作り ↑

左は既製品の3段ボックス・どちらも20数年以上になります。

私たちは家具調度品にお金をかけないお互い貧乏育ちです。

砂がたまるので時々敷物を洗います。

カーテンの奥は普段はかないパンプス・主に演奏会用です。

和服用草履2足。レインシューズ、登山靴は後ろ側に入れてあります。

 今日は終日木曜の準備をしながら、ブログの準備までしています。

母の日、どこにも出かけなくて母を偲びました。

めったにブログで書いてないこと、結婚や、母との思い出。許してもらいます。

 1年前のブログ 

http://blog.goo.ne.jp/chidori-t/d/20160514

 

 fm銀河より 17:00頃

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 津曲さん・アップで出たよ・... | トップ | 合唱の響く校舎よ縣の森・太... »
最近の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
chidoriさんへ (まりも)
2017-05-14 17:52:15
母親というものは 何時で子供の味方ですね
なんであんなに優しくて 強いのかなぁ~と思うくらい
母の日は 色々な形が有り
亡き母親を思い出すことも 母の日ですよね
義母の仏壇にも カーネーションと甘いものが好きだったので お饅頭・どら焼きをお供えしました
chidoriさんとご主人様との出会いも 分かりましたよ
こんばんは (kao)
2017-05-14 18:22:18
共産党は労働者の味方ですね。
昔からいろいろたたかれていますが、
けして悪い党ではないと思っています。
おかあさま40歳でchidoriさんを
おうみになられたのですか・今の私と
同い年です。母親は偉大ですね・・。
今日は母の日、逆に母に心配かけて
しまった今日ですが、今日から頑張ろうと
おもっています^^部屋はいつも
お忙しいのですね。私もレストランに
連続でずっといくとこうなります(笑)
まりもさんへ (chirodi)
2017-05-14 19:51:57
本当にそう思います。

私は末っ子で一番甘やかされて育ったのですが

その代わり早くに別れてしまったのです。

もっと長生きしてくれたら、鹿児島の温泉に飽きるほど入れてあげたかった。

美味しいものを食べさせてやれたのに・・・。

子をもって知る親の恩という言葉がありますが、

子を待たない私の子どもたちはあまり私のことを

有難く思っていないようです。

母の日に (鈴音)
2017-05-14 19:57:32
何と言ってもいの一番に思い出すのは「母さん」です。
私の一番の味方です。
今日の記事を拝見しながら
遠くふるさとの母を想っています。
今日の「母の日」は、三男と娘が孫たちを連れてきて
いっしょに昼と夕飯を食べました。
不思議と思い出す母は、いつだって笑顔です。
わたしもそうありたいなぁ~と思うのですが・・・
chidoriさんの生き方ばんざぁ~い(^^♪
kaoさん (chirodi)
2017-05-14 19:58:07
戦中戦後一貫して戦争に反対して頑張った党・・・Kさんは長年皆さんに支持されて町議をされたようです。もう85歳を超えても年金者組合のことなど頑張っていると聞きました。

 kaoさんのお母さん。声を聞いただけであなたのいいたいことがわかってしまうほど強い気持ちであなたのことを
思い続けておられるのです。
あなたが元気で明るくできることが何よりの親孝行だと思います。
お母さんもどうか長生きできるように、元気になられてよかったですね。
鈴音さんへ (chirodi)
2017-05-14 20:51:50
いい子育てをされたご褒美がありますね。

それにしても母とはなんと偉大な存在でしょう。

失って思う母の存在です。

母はそのままの私をいつも受け入れてくれました。

少々はねっ返りで、危なっかしい私でも「それでいい

のだよ」とばかりに受け止めてくれました。

こんばんは (のびた)
2017-05-14 22:32:09
ご両親はまだ若い年齢で亡くなられましたね
激動期の仕事や結婚 当時はみんなが情熱にあふれていた時代でもあります
高度成長が生活の便利さは果たしましたが 人情や思い遣りの精神を埋没させていきましたね
キューポラのある街 の映画を思い出しました
母なる人へ (kaeru)
2017-05-15 02:05:08
以前のこと、読んだ憶えのあることで、スターリン
が「母なる大地」と言った。しかしそれは間違いです、言うとすれば「母なる大海」です、少なくても
日本など漢字世界圏では。海のなかに母がある、そ
して毎日がある、毎日毎日一日一日母無しでどうし
て人間が命を繋げることができたでしょうか。

海は陸地の何倍かあることを知れば、自ずからうな
ずけることです。
もう一度しかし、その大海も地球という塊に引っ付
いているのですから「母なる大地」もまんざら……
でもないでしょう。しかしー3度目ですーそれを論
ずるなら、すべての母親がすべての父親と(夫と妻
ということです)純粋に平等だという思いを無意識
のうちに包含している社会が形成された後のことです。
素敵な文章ですね(^^♪ (まん)
2017-05-15 09:30:19
チルドレンさんの文章を読み涙が出ました

親孝行をしたい時は親は亡しと母親が話ししてましたが
確かに・・・

私は五人姉妹の末っ子で父親は中一年の時亡くなり
上2人は結婚してましたが後三人はまだまだ学生のみ
でも母親が頑張り学校も出してくれ今に感謝です
生涯父親の分まで長生きして88歳で他界しました
私は主人の転勤で日本全国各地を回り
私も主人も県外出身です今は鹿児島市内に新居を構え済んでます
良い所ですね(^^♪

今は主人に感謝です。
のびたさん (chirodi)
2017-05-15 10:07:48
キューポラのある町・・でしたね。吉永小百合さん・・・あの時代が私らの青春時代です。
こうして蓋をしておいたことも「もういいか」とつい書いてしまいます。いろいろ時効と思って許してもらいましょう。
カエルさんへ (chirodi)
2017-05-15 10:19:21
いつも味わいのある比喩ありがとうございます。
分かったような、ちょっとむつかしいたとえでもありますが。母なる○○・・という表現・時々目にします。


母なるふるさとよ こけ水のしたたりよ 静まる山々

母なるふるさとよ 美しい山々にそよそよと

木々はざわめき 父よ母よ故郷の地よ

 歌でごまかしました。 
まんさま (chirodi)
2017-05-15 10:21:27
まぁうれしい。

鹿児島にお住まいですか。

目にとめていただいてうれしいです。

まんさんのブログあったら教えてくださいね。

これからもよろしくお願いします。


母の日にふさわしく (屋根裏人のワイコマです)
2017-05-15 10:52:12
亡きご両親は、今では命日と法事だけが
その両親に触れられる日、でもこの母の日
来月の父の日にも亡きご両親を思いだしてあげると
たぶん天国で喜ばれるのでしょう。
いろんな人生それぞれです・・でも
峠を越して残り30年・・はまだまだ素晴らしい
毎日が待って居るはず・・今の体力を維持して
更に健康に努力して頂き明日を目指してください
それが一番の母への親孝行でしょう
Unknown (マダム・グラハン・洋子)
2017-05-15 11:22:12
お母さんが働いている姿は愛を教えてくれた
仕事帰りの母の笑顔は喜びだった

ちどり様のお母様の記事は
私の母を思い出させてくれました。

なみだこそ出ませんでしたが
ハートはぐっしょりです。

お母さん。私を産んでくださって、育ててくださって
ありがとうございました。
追加で (まん)
2017-05-15 14:33:36
(坂之上さんぽ)でブログだしている・・・まんです

私のブログが有りましたら教えてくださいと書いてありますが
私の説明不足で申し訳ありません

チルドレンさんのようにうまく文章が書けないですが
そのままを書いてアップしてます。

宜しくお願いします。
むかしの母さん (S/S)
2017-05-15 20:06:16
 おかあさんの想いでと父さんの面影は薄い

ようですね。

やはりお母さんは幾つになっても母親は

強く想いがわくもんですね・・
ワイコマサン。おみ抜きで (chirodi)
2017-05-15 21:35:30
そうですね。もう二人とも50回忌を済ませて、なかなか振り返ることもない中で、兄が自叙伝に書いてくれたおかげで自分の知らない両親を知ることがありました。
同じ兄弟ですが、兄たちへの接し方と、末っ子の私へはずいぶん違い、もうどうでもやかった?のではなくて 女の子、末っ子には厳しいことはなかったのでしょうね。
父のことも6月に記しておこうと思います。
いつもありがとうございます。
マダム洋子様 (chirodi)
2017-05-15 21:42:48
どなたもお母さんへの思いは共通のものがありますね。

末っ子でいつまでも母に甘えていた私ですが、姉たちに比べると期間は短い。

兄弟もめったに会えない、私が一人遠くに住んでいるので。

でもお互いの心の中にかなり違う形で存在しているようです。

暖かいコメントありがとうございました。
まんさま (chirodi)
2017-05-15 21:52:30
ごめんなさーい。今朝見たバラのきれいなお庭・・マンさんだったんですね。

そして動物園のお近くにお住まい・・今バラがきれいな錦江湾公園・・行きたいと思っているんです。

転勤族で鹿児島にお住まいですね。

FM銀河の局長のお父さまが坂の上で3年前ブドウ狩りに招待されました。自宅に大きなアンテナを上げてくださったので、FM銀河聞けますよ。是非木曜日10-12時78,6に合わせてお聞きください。

一度バラの見学にお邪魔しようかな?・・・

そこからは桜島もよく見えるのでは?
動物園のキリンさんのところからよく見えますね。

これからもよろしくお願いしますね。
s/sさんへ (chirodi)
2017-05-15 22:02:22
コメントありがとうございます。
母への思いと父への思い?比べるのはむつかしいですね。今回は母の日に寄せて出書きましたので、また6月に父のことに触れてみようと思っていたんですよ。
書きたいことがあり過ぎて…小出しに書きたいのですが、すぐ何を書いたか忘れてしまいます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL