旅の途中 FM銀河「てんがらもん」の毎日

FM銀河「てんがらもん」のパーソナリティが管理人。地域の情報が溢れ・リスナーさんも発信できる建設的な番組に。全国区。

今日も夏日一歩前・役に立てない相談ごと・ゲストさんが神奈川から?しかも84歳の方です。

2016-10-18 | 日記

10月18日(火)11536歩 5,9k

 3日前より、生活支援を求める相談が第3者から持ち込まれ

本人と連絡が取れず、困っていました。留守電や訪問メモを

おいてきたのに何も言ってこないのは事情があるのだろうと思いました。

ようやっと向こうから電話があり訪問しました。

自分は相談する意思はないのに、ある親切な人が先走ったようです。

 行政に相談できない諸々の事情があり、でもどうすることもできなくて

頭を抱え込んでいました。

個人情報になるので詳しく書けませんが、相手が面会を拒否している

時に無理やり訪問はできません。

今回も結果的には、私の担当区域の住民ではなくやむを得ず両親の

住居にいた・・という事情もあり、対応がむつかしいケースです。

本来の住所の民生委員にも相談して、みましたがそこにも居場所のな

い状態で複雑でした。

話された事情を受け止め、いくつかの問題点を整理して私のできる範囲

でのアドバイスを残して帰りました。

なるべく自力で解決していかないと、他人が立ち入れない事情ばかりでした。

このようなケースはかって経験しているのですが、行政も頭の痛いケースです。

 西伊敷3丁目市営住宅より北側3丁目ー7丁目を望む

写真に写ってない1-2丁目3丁目一部は南側になります。

4600戸?団地としては大きいほうですね。海抜90Ⅿ?

 伊敷ニュータウン・その向こうは玉里団地・城山団地です。

 三角さん紹介のゲストさん(11月10日 出演予定)

 夕べやっと直接電話で連絡が取れたのですが、松永刀雲さん

 私は男性と思い込んでいたのですが、女性でした。

 しかも神奈川県厚木市お住まい。84歳。

 剣舞一刀流の師範 三角さんが習っておられる方が

 月1回ふるさと大隅でも指導に駆けつけているとのこと

 神奈川では道場を開いて指導している。

 交通事情を十分考えて お願いしてくださっていると

 勘違いしていましたが、「いい人がいるから紹介する」

 ぐらいの話で、乗ってしまいました。

 すべてボランテイアで交通費謝金も差し上げられないのです・・・

 いいですよ。どうせ鹿児島に行くついでだから・・・

番組に出ていただくため前泊が必要・・申し訳ありません。

局までの送迎もできないのです。「三角さんがするでしょう」

あぁ大丈夫かしら。でもすごい方ですよ。声に迫力があり

なんと鹿児島大学の2期生ですって。

 

 

 我が家の明日葉には毛虫が・・・やだー。

 

 

 

今朝はどんより曇っていました。

 

昨年の今日は「寄り道クルーズで錦江湾を半周しました。

http://blog.goo.ne.jp/chidori-t/d/20151018

きれいな桜島ご覧ください。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5年前の私=太極拳ー5年前の... | トップ | たくさん働いて勉強してくた... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
chidoriさんへ (まりも)
2016-10-18 23:51:40
色々な 事情で相談も出来ない方もいらっしゃるのですよね
11月10日のゲストさん決まって良かったですね
全て 善意で成り立っている番組
ゲストさんも 自然と良い方が集まってくるようになっているのですね
chidoriさんのお人柄 普段の行動が
皆さんの協力が得られるのですね
chidoriさんへ (くりまんじゅう)
2016-10-19 00:22:27
次の民生委員の方が決まったと言っておられましたが
これが最後の 民生委員の仕事になりますか?
母もこうしたことで悩んでいました。個人の秘密になりますので
私にも話しませんでしたが ああ あの家のことで悩んでいる
と分かりました。chidoriさんはとことんお世話されるので
皆さんに人気があると思います。ご苦労様ですがもう少し
がんばって次の方にバトンを渡してくださいね。
まりもさん (chidori)
2016-10-19 08:46:26
そうですね。
どこに相談していいかわからない人がたくさんいます。
でも持ち込まれない限り、なかなか声はかけられません。つい第3者がお世話したくなるのですね。ありがたいことでもあります。

番組について
私もすべてボランテイア。準備から本番まで、週4日はそのことにかかる時間が必要です。
でもめったに回ってこない仕事です。お金を出してもやらせてもらえません。
今までのゲストさんにも必ず事前にお話しして納得していただいています。
その条件でおいでいただけるから成り立つ番組です。
本当にたくさんの方が支えてくださっているのことに感謝です。
くりまんじゅう様 (chidori)
2016-10-19 08:51:56
そうですね。たとえ担当地区の方でなくても、力になってどこに相談すればいいかを、助言することは私たちの信念です。行政も決まりをかざすことなく、真にその方の悩みに耳を傾けて どんな方法があるかを考えていくことが求められますね。
 かって同じようなケースでその人を助けられなかったことが、今も引っかかっています。
毛虫 (屋根裏人のワイコマです)
2016-10-19 09:54:12
あれは毛虫ではなくて、アゲハチョウの幼虫だと思いますよ・・今頃何しているんだ?
そうだ ここは南国鹿児島だ・・これから
蛹になっても間に合うんだ・・
来年は蝶の楽園です。 偶然ですが私も我が家の
明日葉の花をアップしてます。
今年も 何度も食卓に上がりました。


おはようございます (mappee)
2016-10-19 10:06:51
人にはいろいろな事情があるのですねー
困った人を助けるお手伝い・・・頑張ってください

84歳のゲストさんが神奈川県から・・・
歳だと言ってられませんねー
ガンバロー・・・仕事!!
たはーーー殺さなくてよかった (chidori)
2016-10-19 10:19:43
ワイコマサンへ
おしゃれな毛虫だと思いましたが、そうですね。毛虫私も知っていますよ。ますます耄碌してきました。明日葉は体に効くと聞いているのですが料理はみそ汁や、炒め物、お浸しなどしてみますが、あまりなじめません。苦い味がして・・・。研究心が足りません。
mappeeさん (chidori)
2016-10-19 10:21:40
もう助ける側でなく、助けられる側ですね。うちに担当委員はいつもメモだけ置いていきます(会長です)
次からは女性の方が私の担当になるので助けてもらいましょう。
こんにちは (のびた)
2016-10-19 10:31:02
地域で悩みを抱えている方 特に高齢者に多いでしょうね
どこに相談して良いか わたしでも分からないケースもあります
第三者が心配してくれると言うのは それだけ人情繋がりがあると 幾分救われた気持ちです
てんがらもんのゲストさん 地域に根差した方がたくさん居りますね
年を重ねた分 何がしかの人生訓を私たちにも共鳴させてくれると思います
Unknown (マダム・グラハン・洋K)
2016-10-19 14:27:27
本当に、手助けしてさしあげればこの窮状は脱せれるのに・・・と思うことはお役目上、実感されるのでしょうね。

ブログから思い出すことがあります。
少し古い話になりますが、鴨川沿いで車イスの母が息子に「もう~ええか?」(京都弁にして読んでください)
と声かけられ、殺害されてしまった事件がありましたよね。
生活苦と福祉事務所での「生活保護」手続きを断割られた果ての事件でした。

息子さんは刑期を終えられたのち、琵琶湖で入水自殺されて人生を終えてしまわれました。

だからこそ、手を差し伸べたい。
なのにそれを拒み続ける人もいらっしゃいます。

福祉の手を借りることが、恥になるという思想と宣伝が、命を奪っていることになっているのやも・・・と思います。

「人の話を聞いて差し上げることなら」
私の友人は「命の電話」のボランティアをされています。
のびたさん (chidori)
2016-10-19 20:49:31
そうですね。本人が言えないことを気にかけてあげる方がいると助けられます。
でも今回は、本人は困惑していました。まだ自分でいろいろ考えて決めたいと思っていたのに行政につないでほしくなかった・・私たちは行政から委嘱されているだけなので心配いりませんよと話しました。自分で持って考えて動きたかった。大事なことですね。
高齢者は情報もよくキャッチできません。市から来た文書もその意味が分からない場合が多いです。そんなときに手助けをと言われています。私たちは解決はできないけど行政につなぐパイプ役ですね。
マダムグラハン洋k様 (chidori)
2016-10-19 20:59:52
胸の痛む話ですね。
私も2年前に、比較的若い青年を助けられなかった経験があり、今でもそのことが今回もそうなってほしくないので、真剣にお話ししました。
前の時も行政に何度も電話してどんなことができるか相談してのですが、遠くから見守ってください。(住民でないので口が出せない)
親切な隣人と何度か食事や衣類の差し入れをしましたが・・・。

いのちの電話。私の友人ー民生委員もしています。
もうかなり長く続けています。これも大変な仕事ですが、まさに命を守るお手伝いですね。いろいろ温かい言葉ありがとうございました。


 

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL