旅の途中 FM銀河「てんがらもん」の毎日

FM銀河「てんがらもん」のパーソナリティが管理人。地域の情報が溢れ・リスナーさんも発信できる建設的な番組に。全国区。

深夜便歌に生き方教えられ…口ずさむ言葉はまさにわが人生

2016-12-13 | 日記

12月13日(火)

ラジオ深夜便を聞くようになりました。

休む前1時間ぐらい、途中で眠ってもいいように

タイマーをかけます。

朝目が覚めるとスイッチを入れます。大体目覚めは4時ごろからです。

永六輔さんの作詞したもの、作曲は中村八大コンビの曲が流れました。

上を向いて歩こう。生きるもののうたなどよく歌われています。

その中でこの歌が今の自分にぴったりでした。

 

 

生きているということ 永六輔詩

生きているということは 誰かに借りを作ること

生きていくということは その借りを返していくこと

誰かに借りたら 誰かに返そう

誰かにそうしてもらったように 誰かにそうしてあげよう

 

生きていくということは 誰かと手をつなぐこと

つないだ手の温もりを 忘れないでいること

めぐり逢い 愛し合い やがて別れの日

その時に悔やまないように 今日を明日を生きよう

 

人は一人では生きてゆけない

人は一人では歩いてゆけない

 

生きていることは 誰かに借りを作ること

生きていくということは その借りを返していくこと

誰かに借りたら 誰かに変えそう

誰かにそうしてもらったように

誰かにそうしてあげよう

 

 

 

 

 病院のそばの花屋さんです。

 

2015年12月13日(日)13337歩 6,9k(昨年です)

隣のいしきニュータウンで市社協からの呼びかけで、毎年

年末助け合いの街頭募金に立ちました。1時から4時まで

を3つのグループに分かれて1時間。20日にも行います。

私は初日の今日、1時から2時に立ちました。

今日だけで50人は立ったと思います。

 

 

いつもより遅い11:30に温泉に行き 温泉のあと

そこから歩いて35分坂を上りました。

一見緩やかですが、かなり長い坂です。

いしき団地から、30分坂を下りて、3号線へ。再び30分坂を上るという訳です。

 

色んなメンバーが参加しており、数か所に分かれて立ちました。

Aコープ前ですが、となりの工具店の前にも10人くらいたちました。

西伊敷小学校の5年生10名くらいも一緒でした。

声を揃えて

「募金お願いしまーす」というと、私たちでは振り向かない人も

応じてくれることがあります。

民生委員としての行動に参加の時はこのジャンバーです。

 

「あら チー先生」何とメサイヤで一緒のYさんのご両親にお会いしました。

東京の赤門大学の4回生のY君のおじいちゃんおばあちゃん。

Yさんは今日は、鹿児島第9のコンサート本番だとのことでした。

募金有難うございました。(おばあちゃんはいつもブログを見てくださっているのですよ)

 

 

 

谷の向こうの団地は 玉里団地かな?

本当はこんな感じの場所からの撮影です。

少し斜めに見えますが、桜島は右肩下がりに見えるのです。

これはいしき団地の市住に帰り着いてからです。

1年前のブログに力を借りました。

温泉と病院通いで精いっぱいでした。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 思い出を手繰り寄せれば 「... | トップ | てんがらもん247回をよろしく... »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (mappee)
2016-12-13 21:34:39
人は一人では生きてゆけない
そう思います
歳とればとるほど思いますね
可愛く、素直に生きて行けたらいいなーって思います

人の悪口を言わない 自慢話をしない
人の悪口は言いませんが
自慢するようことがあればいいのになって思います

今日は一日雨でした
明日は晴れるかな~
こんばんは (のびた)
2016-12-13 23:08:17
永六輔さんのこの詩は 私もそんな生き方に共鳴します
生きていると言うことは 借りを返す まさに それです
自分が笑顔になれるのは 皆さんに笑顔を貰っているのです
それを笑顔で返したい そんな想いですね

年末カンパ活動 ご苦労様でした
私も10数年前までは 街頭に良くたちました
人の心が嬉しいですね
続、東田さん (ジュリア)
2016-12-14 05:03:54
chidoriさん おはようございます。

昨夜から降り出した雨足が強くなってきた埼玉です。

いつもエールを送ってくださってありがとうございます。

永さんの詩・・・
>人は一人では生きてゆけない
 人は一人では歩いてゆけない

私もずっとそう思って息子になんとかお友達を、と
あれこれやっていた時期がありました。

でも、先日の東田さんの番組で
それはこちらの思い込みで 
彼らは彼らの世界の中でちゃんと生きているみたいですね。
彼の言葉を借りて、息子の頭の中や心の中が
少しずつ見えてきて嬉しいです。
人間の能力は本当に計り知れません。

私は私の生き方があり、息子には息子の生き方がある。
いつもちょっと離れたところから見守り、
困っている時だけ そっと手を差し伸べようと思います。

chidoriさん、お身体、十分に休ませてあげてくださいね。

マっピーさん (chidori)
2016-12-14 08:16:50
なんだか戒め特集みたいなことを書いてしまいごめんなさい。弱い自分を追い出したくて、つい人の言葉を借りてしまいました。今は明日のことを。といつも番組と追いかけっこです。15日は我が家の会計締め切りでもあり・・。毎日があっという間ですね。
のびたさんへ (chidori)
2016-12-14 08:19:52
歳末募金は昨年のものです。今年は11日でしたが休ませてもらいました。なかなか皆さん関心を示してくれませんでした。(ここ12年参加しての感想ですが)
懸命に生きていると、世の中の非情さも身に染むものですね。あすはてんがらもんよろしく。陽子先生が来られます。ご安心を川柳は1月です。でも一句いかが?
ジュリアさん (chidori)
2016-12-14 08:24:02
そうでしたね。でも一人では生きていけない。一人では歩いていけない。目に見えなくても親があり、支援者があり、結果は誰かとかかわりながら生きてはいるんですよね。友達を必要としない。東田さんの言葉には、そこまで感じられない自分を恥じました。でも、とてもよく理解できました。もう少し東田さんいついて知りたくてブログも見つけました。
またジュリアさんについてもそのうちさかのぼって読ませていただくつもりです。これからもいろいろ感じさせてくださいね。出会いに感謝です。
Unknown (山帽子)
2016-12-14 08:37:50
白い煙、たなびく桜島・・快晴の天気の青空に雄々しく
実に美しい山姿です、
県人として実に誇らしく見えるから不思議です。
今頃、峩々原産地、出水は鳥インフルに揺れてとても心配です、なんとかこれ以上拡散されないこと願うばかりです。体調いかがですか?
毎年です盆&正月になれば里心の虫が騒ぎます。もうはや両親もいませんがふるさとの山河、頭の中で懐かしいです、年明けには帰省できそうです
チーさんの故郷近く、等覚寺応援団のイベント「新そばの試食会など、イベントも最近賑やかでしたよ。
山帽子さんへ (chidori)
2016-12-14 09:34:12
うれしい。ようこそ。私もご無沙汰でごめんなさい。
昨夜ランタナさんが等覚寺のそばの試食会アップされていて、すっかり里心着いたのですよ。
そうですね。出水の鶴さんたち、心配です。物騒な世の中。摘み何鶴さんたち気の毒です。お元気で何よりです。
おはようございます (コスモス)
2016-12-14 09:53:57
永六輔詩の生きているということ 
かみしめながら 読みました
その通りですね

去年の山の写真
とってもきれいですね
おはようございます (のびた)
2016-12-14 10:08:25
明日は陽子先生がお見えですか?
私の今年の重大ニュース (10個も無いので)
一番は あれほど縁が無いものと思っていた 川柳を始めたことです
そして 一日一句以上楽しんでいます
私のブロ友さんも刺激されて ブログタイトルを川柳にしたり 練習で詠みはじめた人 など4.5名になりました
てんがらもんラジオと陽子先生のおかげで感謝しています
是非 お伝えください
2番目のニュースは 10数年ぶりに風邪を引いたこと
一週間で治り 全ての予定に間に合ったことです(笑)

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL