旅の途中 FM銀河「てんがらもん」の毎日

FM銀河「てんがらもん」のパーソナリティが管理人。地域の情報が溢れ・リスナーさんも発信できる建設的な番組に。全国区。

集まれば元気も出るよ親も子も・子どもこそ宝と言いつつ・・257回てんがらもん

2017-02-23 | 日記

2月23日(木)

視聴ください てんがらもん257回

http://www.ustream.tv/recorded/100209872

東京のびたさん、詳しい資料添付です

http://blog.goo.ne.jp/new-nobita/e/fb9e2df59c028a2b4427b39f6550a8f1/#comment-form

神奈川kaeruさんのブログです

http://blog.goo.ne.jp/kaeru-23

 ゲスト 鹿児島大学教育学系准教授 齋藤美保子さん(63歳)

東京で教えていた理想的な家庭の在り方・・現実との違いに疑問

を抱いたことがきっかけで・・・・

 

 

 

 

 

 午後から市民劇場です。

 

 

 

笑った笑った。加藤健一コメデーは毎回楽しませてくれますが

100% 楽しめました。

何しろ一人8役の加藤忍さんて娘さん・奥様?息子さんは、高畑淳子さんの娘こと美さんと

若い夫婦役を、美男美女でした。健一さんかっこよかったー。

阿知波さんの演技光っていました。

裏方くろこさんたちが、実に楽しく舞台装置を躍らせるのもユニークでした。

ストーリー、笑わせて笑わせて、ハッピーエンド・・・。

番組もうまくいって?アップを30分で済ませて、ラッキーな一日でした。

よるはゆっくりさせていただきま―す。

 

1年前の今日のブログです

http://blog.goo.ne.jp/chidori-t/d/20160223

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« めぐりくる春を待つうた暖か... | トップ | 癒しです療院済ませて温泉で... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
子ども食堂のこと (ピッコロ)
2017-02-24 07:01:34
新聞などで見たことがありますが、子供たちが経済的理由で食事が十分でない、そのような子供がたくさんいることをあまり考えてことがありませんでした。でも孤食についてはいろいろ問題になっていて、シングルマザーや色々な事情でそのような実態があることは知っていました。
食事が十分できてない子供が周りにいる。私のようにそのことが見えてない人がたくさんいると思いました。このような地道な取り組みが、もっとクローズアップされて地域全体でもできることがあるのではないかと思います。
何はなくても食べるものがないほど日本が病んでいる。見えてこない部分だと思いました。
給食費の払えない家庭も (ヤングママ)
2017-02-24 07:24:22
今は飽食の時代、と言われていますが、見えない部分で食事が十分とれてない子供がいるということ、未開発国などではたくさんの飢餓に苦しむ子供たちを見ていますが、今や他国を支援している日本に、このようの子どもがいることは悲しいですね。
確か給食費の未払いも増えていると聞いています。
人間の最低限の生活を保障している憲法が守らててないということですね。
ささやかな運動に見えますが、世論を広げていってやはり国や自治体が解決していけるようになったほしいと思います。
chidoriさんへ (まりも)
2017-02-24 08:19:44
昨日のてんがらもんラジオ
お味噌を作りながら 時々 PCの画面を見ながら 聞きながら 楽しませて頂きました
飽食の時代 こんなに食事が十分でないなんて
本当に ビックリでしたが
決して金銭的に裕福でなくても 食べ物が有ることは 何よりの幸せですよね
そして それを皆で食べれる幸せ
こんな場所が 増え笑顔の子供が増えると良いですね
番組の中で 笑うと良いですよということを言われていましたね
そして あの方法は 笑いヨガなのです
(日本でも お医者さんが率先してやられている地域も有ります  ワタシも インストラクターです)
これは 笑うこととヨガの呼吸法を取り入れたものです
インドのお医者さんが 考え出したもので
医学的にも 免疫力アップなどのデーターも
なので 大人も 子供も 食事が摂れて
笑って暮らせたら 心身ともに健康になれるというこですよね
chidoriさんも 市民劇場で大いに笑って
免疫力UPされて 心身ともにフレッシュ出来ました
興味深く聞きました (下いしきのおじん)
2017-02-24 20:15:51
ごく最近にも新聞に出ていたのでどんな発想だろうかと思いましたが、今の時代も経済的理由で食事が回らないというか、人間らしい食事ができない子供がいるということ。経済的理由だけでない、親にも大変な事情があるということですね。結婚をカンタンにするが離婚も昔よりずっと多い。子供は母親が引き取る場合が多い。夜も昼も働く親がいるということも、悲しい現実ですね。
立派な運動だと思います。頭が下がります。
自分たちにも何かできることがありそうですね。
ピッコロさんへ (chidori)
2017-02-24 20:20:38
いつも真剣なコメントありがとうございます。
子ども職だ応が話題に上がるようになったのは1‐2年前からですね。鹿児島市の場合もここ1年で急激に増えてきたようです。それはうれしいことですね。まだまだ月2回では、あとの28日はと考えると寂しくなります。
根本的解決が待たれますが、そこまで行くのはまだまだ多くの取り組みが必要だと思います。
これからの活動に多くの人が協力していけるといいですね。
ヤングママさん (chidori)
2017-02-24 20:25:06
給食費の問題は、今までも聞きましたが、必ずしも貧困でない家庭が支払はないなどもあるようです。と言ってもやはり、給食費にも回らない生活の家庭もあるのも事実らしいです。そんな問題ではなくて、やはり今は裕福な家庭とそうでないところが差があり過ぎることも言えるでしょう。
福祉のすすんだ国では 子供の教育費や食事代も無料と聞きます。それには国全体のお金の使い道が関わってきますね。むつかしい問題です。
まりもさん (chidori)
2017-02-24 20:32:09
ありがとうございます。
子育てが終わった年齢の私たちには 案外知らなかったという人がいますね。
それだけ、昔にすれば食べることは何とかなっている。
でも、社会の変化でシングルマザーなどが増えて、生きていくのが精いっぱいの中で、この現象はありうることですね。

笑いヨガ、2年前ゲストに来ていただきましたよ。市民劇場の仲間でしたが、今でもあちこちで笑いヨガを普及されています。いいとわかっても日常的に続けるのがなかなかですね。短がらもんでも笑う時間を撮ろうかな‥きめなくても笑うことが多い番組ですが・・皆さんに普及するために。

そうでした。芝居を見て笑うのは楽しいです。みんなと一緒だから気兼ね要りませんね・。
下いしきおじん様 (chidori)
2017-02-24 20:34:55
いつもコメントありがとうございます。
私たちにできることを考えあえる。そのことが大事ですね。
番組を聞いた人たちがこうして意見を寄せ合えるのもとてもいいことですね。
これからもよろしくお願いします。
衣食住は大事な文化です (ひまわり)
2017-02-25 06:23:31
その一つ一つが満たされてないと 健やかな成長も人類の進歩もないと思います。最低限を保証している憲法。それが守られな現実。
そしてそれらはやはり住民が作り上げていくものでもある。さらに歴史が教えてくれるのは、その中心になるのは女性なのです。(実はこれはある先生の記念講演知った知識です。

どんな立派な箱を作っても無駄になることが多いのですが 本当に必要なものを住民が、市民が求めて作り上げていくそのプロセスこそが、無駄のないいれものつくりへと発展していくということですね。、
ひまわりさんへ (chidori)
2017-02-25 06:36:11
なるほどですね。とてもよく理解できます。
女性はいつの時代も、住みやすい状況を作り出すために努力してきた。立ち上がっていたのですね。
いつも建設的な感想に励まされます。ありがとうございます。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL