堂目雨水の水面光るザ・ヌーンタイム

世界的に類を見ないアホさ加減で、港町から異次元への進出を試みる男の、血湧き肉躍るワクワク山盛りの詩作品等を閲覧できます!

ビル風まとって走る君を

2017年06月13日 00時20分38秒 | 詩編
いつからだろう?
梟が鳴き出す夜のビルの隙間
僕の愚かさがほえ出す時刻に
君は決まって、眼を見開く

僕らの意識を繋ぐ夜空の星は
干からびる前に
僕らに愛を届けようと
必死だ

盛んに色づいた街のネオンが
アルタイルの光のように
赤く染まってゆく
明ける前のささやかな押韻に
不束な意思を観る!

走る、君は決まって、ビル風まとって!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鏡に映る虚像、もしくはアル... | トップ | 美しい音色は、きっと、眠り... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。