堂目雨水の水面光るザ・ヌーンタイム

世界的に類を見ないアホさ加減で、港町から異次元への進出を試みる男の、血湧き肉躍るワクワク山盛りの詩作品等を閲覧できます!

夜のりりら明日はまたとない好日なり

2016年11月07日 01時48分23秒 | 詩編
ららららららららららららら
ららららららららららららら
余力のサンバが高鳴るように
踊り明かすだけの赤い真夜中
夢バックヤードに転がりつつ

理解を求めて
ろろろろろろろろろろろろろ
ろろろろろろろろろろろろろ
抱き寄せる刹那に蘇る慕情を
確かめるように寝返り打つよ

説き伏せたままの
明日の疑問を

君、笑えているなら
Lovin′ last day. 多分、夢。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水色の気分、明けない夜に投... | トップ | 夢みるナイアガラ、危ない橋... »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。