堂目雨水の水面光るザ・ヌーンタイム

世界的に類を見ないアホさ加減で、港町から異次元への進出を試みる男の、血湧き肉躍るワクワク山盛りの詩作品等を閲覧できます!

午後いっぱいの無明

2016年10月29日 23時31分42秒 | 詩編
 広がる青空を
 サラダボウルに映して
 ドレッシングをテュルテュルと
 流し入れ
 
 世界を
 今真っ白に
 ほお紅けちらすように
 塗りたくりました
 
 僕には
 彼女の声が聞こえない
 何でって?
 僕は僕の耳をふさいでるから
 どこまでも
 その声が聞こえない……

 「あなた、そこのパンケーキは彩乃のよ!」

 僕は、いつまでも、暗黒の宇宙で
 遊泳中。
 
 「誰のパンケーキだか、知らねえが……。俺には、俺の流儀ってもんがあるんだ。」

 聞こえないはずだが、なぜか応えている。
 
 耳の塞ぎ方が足りないのか?

 「というか、これ、パンケーキじゃなくて、フレンチトーストじゃね?」
 
 午後三時のおやつの時間は、
 無明だ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 何を、何を……携え、濡れ、綻んで | トップ | 森が歌う、夕闇を背景にして »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。