瞠目雨水

チの三位一体(知・血・地)に依り港町から世界へ進出を試みる千の顔を持った男の千々に乱れる物思いを晒け出すような詩的捜索物

笑えるくらいに錯乱した後の安堵

2016年12月23日 03時36分28秒 | 詩編
無意味に無味に数珠のように連なる言葉は
詩行を小刻みに震わせ
更にはそのsentenceを脱し
夢にまで見た虚空へ達す

感情をrockに委ねた赤子の人生に同期し
術を持たぬ幼な子のようにわけもなく涙を流し
火に焚べられた八つの禁句は
時の未来を希うように
青く発光して消えた

Escapeするだけのささやかな勇気さえ
持てずにやり過ごしたネット世代のsunsetタイムを
祝福してくれ
Jesus Christよ!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« We start from 現在という時間 | トップ | 青く光る銀河の孤独が燃えるとき »

コメントを投稿