堂目雨水の水面光るザ・ヌーンタイム

世界的に類を見ないアホさ加減で、港町から異次元への進出を試みる男の、血湧き肉躍るワクワク山盛りの詩作品等を閲覧できます!

ロールモデル

2017年06月18日 00時58分21秒 | 詩編
ロールモデルが
、踊ってる。

会議以上に踊ってる。

オバサマキラーが唱える念仏の
奥深い中身を観察する、もしくは、スルーする。するすると、広がり出す明日の想いも、メロンのアイデンティティを宿して、あの娘の口に、ホールインワンする。

ラララ、歌ってロールモデル!
僕らの欺瞞じゃ、事足りない!

足絡ませて、至る虚空へ、垂涎の結末さえ、このままじゃ拝めない

天空事変のその向こう、透けた本堂は、真実をくねらせて、ただ明日の解答を突き破る!お前の仕組んだバニートラップも、たまたましくっただけなんだろ。ラリーを続けたいのなら、ロールモデルを示してくれよ!
寿司屋の声を、まあるく包んで、見よラッパの造形、忌まわしい過去への憧憬。しみったれた感想なら、亜寒帯の焼却炉へ、投げ込んできな、茜に統べられた空へ、無知のあからさまな荒原へ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界と契約するときを超えて | トップ | 大人に至る道 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。