堂目雨水の水面光るザ・ヌーンタイム

世界的に類を見ないアホさ加減で、港町から異次元への進出を試みる男の、血湧き肉躍るワクワク山盛りの詩作品等を閲覧できます!

ラッキーボーイ

2017年04月20日 18時30分07秒 | 詩編
見えない夜に、
想いは飛んだ!
連れないリズムで
記憶も飛んだ!

悴む両手で
予言を摘むんだ!
すべてのラッキーは
そこからなんだよ、若人よ

朽ちてゆくことの恐怖から
這い上がれ

スタッカートの意気込みで
人込み掻き分け
たどり着け!

パスワード片手に
光る画面を
すり抜けて
未来の結末を
引き剥がせ
君の執着心から
鮮やかに!

そして
逃げろ
現実世界へ向かって
思いっ切り
逃げろ!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夢の向こうで滅ぶ天体 | トップ | あくび、それは、慟哭 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。