堂目雨水の水面光るザ・ヌーンタイム

世界的に類を見ないアホさ加減で、港町から異次元への進出を試みる男の、血湧き肉躍るワクワク山盛りの詩作品等を閲覧できます!

青く光る銀河の孤独が燃えるとき

2016年12月24日 21時34分19秒 | 詩編
見つめていた
あの青の向こうの透明な銀河を

緑を目と呼ばれる額縁から零して
接近する君という事象

時の使者を手なづけて
ありふれた折り紙を折る女性を
目で追って

白紙に刻まれた
あの日の僕と君の約束を
火で燃やすことなく
果たしたい

争いの目的となった果実を
罪の塗料で塗りたくることは容易い

だが
君の両手がそれを包むとき
世界という絵画は目眩くように
燃え上がり
さながらsupernovaのように
光り輝く
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 笑えるくらいに錯乱した後の安堵 | トップ | 大江戸悲哀譚 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。