堂目雨水の水面光るザ・ヌーンタイム

世界的に類を見ないアホさ加減で、港町から異次元への進出を試みる男の、血湧き肉躍るワクワク山盛りの詩作品等を閲覧できます!

光る空の嘘

2017年06月02日 03時42分20秒 | 詩編
蠢く欲望の行く末を
見守る青の隊列は行く

エターナルな思想を
打ち立てるべく歩く夜

エレベーターを乗り継いで
辿った歴史は何処へやら

明けない夜も
ないと訴え進む僕
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 予期しない幸福 | トップ | 簡単なシナリオ »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。