瞠目雨水

世界を発見し、見つめ、目を見開く(=瞠目する)。そして最も瞠目するに相応しい対象とは自分自身であるという瞠目すべき事実。

青く吹く風は忘れる、今宵の舞踏を。

2016年10月19日 01時28分20秒 | 詩編
 多分、ね
 タウン、で
 まつ毛伏せた彼女の幻影が
 街風に揺れる

 時折、
 舐めては去っていく
 明日の青い風は
 夕方の雑踏を
 吹きすぎて
 記憶を
 風化させていく

 羅針盤を
 握り締めた
 汗ばむ僕の両の手は
 黄色い哀切を
 匂わすように
 夢に震えた
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« この上なくラッキーボーイ | トップ | 何を、何を……携え、濡れ、綻んで »

コメントを投稿