堂目雨水の水面光るザ・ヌーンタイム

世界的に類を見ないアホさ加減で、港町から異次元への進出を試みる男の、血湧き肉躍るワクワク山盛りの詩作品等を閲覧できます!

心ノオト

2017年05月03日 15時58分45秒 | 詩編
人生の白紙を
ぐちゃぐちゃな色彩で
書き殴っていた季節

もっと命を大切にしたかった
でも、この命は正しく消費されることを望んでいる
力を発揮しないことがけして命を大切にすることではない

白紙に
きれいな絵を書ける
画家のようにいつかはなりたい

カオスな現代的美意識を超えて生まれくるだろう穏やかな色彩と構図を備えた絵画を
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 過去を想って | トップ | 空っぽの体 »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。