堂目雨水の水面光るザ・ヌーンタイム

世界的に類を見ないアホさ加減で、港町から異次元への進出を試みる男の、血湧き肉躍るワクワク山盛りの詩作品等を閲覧できます!

嘘みたいな銀河の子守唄

2017年01月04日 22時56分47秒 | 詩編
星が
疼いてる

水あめのように
伸びる永遠を
君は
自然の成り行きで
その口に舐めて含ませる

深夜の静かなる達成の余韻に
不用意に浸る君のあどけなさ

今日も枕の上で
濡れているよ……

何故だろう?

まどろんだ朝の向こうに
ファンファーレみたいな
音楽が鳴り響くのが
聴こえるよ

ココアを
零した後の
静寂に
君が
嗜んでいるよ
あの日のタバコを…
目覚める前の
祝福に
手を合わせるんだ
消え去ってしまう前に……

命の限界は
あなたが決めるんじゃないって
そんなこと
分かっているだろ?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 美しい夜の逢瀬 | トップ | 嘘が光る青空を見上げて »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。