瞠目雨水

港町から異次元への進出を試みる男の血湧き肉躍る詩作品等を閲覧できます

永久の子守歌

2017年02月24日 09時53分39秒 | 震災詩篇
 あなたは
 遠くの街へ行ったのでしょう

 溶け去ってしまうほどの
 魂一つで

 螺旋状に巡りめぐる
 僕らの夢の傍らでは

 オルゴールが
 無辺際に
 音色を響かせていて

 形のない
 想いで
 この胸が占められては

 3月11日は失踪し
 あるはずの胸の痛みも
 宇宙の闇へ飲み込まれていくように
 儚い結末だけを残して遠く未来へ
 走り去っていくのでした
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バカパーソナルな倦怠感 | トップ | シはしたたりて、シがシを夢... »

コメントを投稿