堂目雨水の水面光るザ・ヌーンタイム

世界的に類を見ないアホさ加減で、港町から異次元への進出を試みる男の、血湧き肉躍るワクワク山盛りの詩作品等を閲覧できます!

何かを映した哀切なるトポロジー

2016年10月31日 00時16分33秒 | 詩編
 セミロングの哀切が
 解説を投げ捨てて 
 蝉時雨のなかを
 猛スピードで
 翔けていく

 何だったかな?
 君の笑顔は
 いつか夕暮れへ溶けるって
 そんな幻想を
 何度も思い浮かべてるんだ

 明日をかなぐり捨ててまで
 成し遂げようとした今日の夢想でさえ
 もっと燃える火に
 針金を投じるように
 酔うほどに熱いテキーラを
 喉元を貫かせては
 一天の欲望を
 ゴミ箱へ放り投げる顛末を用意する
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 森が歌う、夕闇を背景にして | トップ | 水色の気分、明けない夜に投... »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。