発展途上人格の織り成す夢ありオチ無し、ガラクタ置き場! そこは天国、はたまた地獄? 優麗無形の生活遺産絶賛陳列公開中ぜよ

鼎が浦に風が吹く音を聞く青春を経て、今は顫える都会の東京で好き勝手に生きている男の遠吠えとか、聞いて頂けないでしょうか?

何を、何を……携え、濡れ、綻んで

2016年10月19日 01時28分46秒 | 詩編
 風、吹かれ
 サビ、流れ
 
 ロックというジャンルを
 更新して

 何、思う
 何、見つめて
 ステップ踏んで、水溜り越える?

 軽々と時をまたいで
 カラフルな服に身を包んで
 今日も、どうして風と戯れる?

 群れる人々を
 かき分けて、
 愛に根差した
 君の孤独は
 何のあをと溶けるだろう?

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 青く吹く風は忘れる、今宵の... | トップ | 午後いっぱいの無明 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。