季節の中で 暮らしの中で -Through the seasons and daily life-

現代の都会でプチ昔&田舎暮らし
-old & country style in modern urban life

夏のオイリュトミー2017

2017-08-04 08:45:18 | アントロポゾフィー Anthroposo
4回目になる夏のオイリュトミー講座が近づいてきました。
参加申し込み、まだ受け付けております。参加ご希望の方はお早めにメールにてお申込み下さい。

       


響きに触れる 夏のオイリュトミー講座2017

「オイリュトミー」とは、ルドルフ・シュタイナーが100年前に新しく創った芸術で、
聴こえるものを肉体と精神の動きで空間に見えるよう表現するものです。
シュタイナー学校での教育プログラムや舞台芸術、医療に用いられています。
回を重ねるごとに好評なこの講座は、スイスのゲーテアヌムで活躍中のオイリュトミスト、
ペーター岩松里穂さんによるワークショップです。
言葉と音楽を通して中心点と周囲を自我から体験把握する、独自の講座内容。
今年は2日間の企画です。充実したオイリュトミー体験をどうぞ。


2017年8月19日(土)①初歩からじっくりクラス13:20(開場13:10)~16:40(3コマ)
   8月20日(日)②深めて広げるクラス9:20(開場9:10)~11:40(2コマ)
                    +里穂さんによるデモンストレーション

会場は千里中央(北大阪急行・モノレール)から徒歩約5分。(詳しくはお問い合わせください)

参加費:  ①のみ4700円(当日5000円)、学生2800円(18歳以上)
      ②のみ3800円(当日4000円)、学生2500円(同じく)
      ①②通して8000円(予約のみ)、学生5000円

<申し込み・お問い合わせ> みつばオイリュトミークラス mitsubaeurythmy@gmail.com 
                                ℡ 080-6147-6300


1日目は初めての参加の方もじっくり体験して貰える内容です。
2日目は今まで里穂さんの講習を受けた事のあるかた向きです。
スイスのゲーテアヌムのオイリュトミーグループに長年参加されている里穂さんのクラスは、スイスでも好評でヨーロッパだけでなく世界からの参加者が訪れます。そして最後に小さなデモンストレーションがありますが、彼女の作品を観ることが出来るのは、日本では今ここだけです。

とても貴重な機会ですので、是非ご参加ください。
活き活きとしたオイリュトミークラスです。とても楽しいですよ。
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コツコツ重ねてしっかりと | TOP | なにわ淀川花火大会2017 »

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。