かずしんチャリ日記

自転車大好き!
ロードバイクでのポタリング、整備などいろいろ書きます。

バーレーン・メリダ紹介 その2  ※おまけでその他のチームも紹介

2016年12月20日 17時58分18秒 | 日記
今日はまたバーレーン・メリダのお話です。

前回、NEWカラーのバイクについて紹介しました↓
2017年 新チーム 「バーレーン・メリダ」

今回は、シクロワイアードよりチームジャージの速報が出ているのを見つけたのでそれを紹介したいと思います。

ではさっそく見ていきましょう。
こちらが新しいデザインのジャージです。


お、おぉ・・・って感じの色ですね。
はっきり言って、かずしん的には好みではありません(^_^;)

※ここからはあくまでもかずしんの意見です。
 人それぞれ好みがあるので、あまり参考にしないでくださいね。


赤と紺がメインカラーで、少しだけ金色・緑(メリダカラー)が入っています。

本来は明るいはずの赤色も、紺色と混ざってしまっているせいか、わずかにドス暗く見えるのは僕だけでしょうか。
サイクルパンツの色は上の方は紺色ですが、よく見ると途中から青っぽくなっています。

色をまとめてみますと、「紺・赤・青・金・緑」とかなりの多色になっています。
ここまで色を多くするとごちゃごちゃになるに決まっとるやろ(;^ω^)
統一性がないと感じます。

あと、もう一つ
アクセントである金色が、明るい赤色に隠れて見えない・・・という所が残念です。



バイクの方の配色では紺色に金が入っていて、たとえ線であっても金色が際立ちます。

なのに・・・「なぜジャージは赤色の上に金色を入れたんだぁ!」と突っ込みたくなりますね(^_^;)


ランプレ・メリダの時代も「紺・ピンク・緑・白」と4色入っていました。

ですが、紺・ピンクのバランスが良く(ピンクが明るすぎるので紺の割合が多め)緑がアクセントになっています。
明るすぎるピンクを抑えるために、紺の割合が多くなっており・・かと言ってピンクが入っているので紺の暗さは際立たず・・・・絶妙な配色です。

昔のランプレ・メリダは紺の割合が少なかったので明る過ぎに感じました。


こんな事を考えてみると、やっぱり2016年のランプレ・メリダのジャージがいちばん好きです(笑)

でも、バイクの色とはピッタリ合っているので、乗ってみるとカッコイイかもしれません。
いや、多分カッコイイです。

実際、バイクはカッコイイと思います(^^)


まぁデザインや配色の文句はこのくらいにして、チームの説明していきましょう。

バーレーン・メリダ
2017年度のUCIワールドツアーライセンス獲得を決めているバーレーン・メリダ
11カ国の選手が揃う多国籍な中東チームになっています。

現在発表されている選手は28名
イタリア人選手9名
スロベニア人選手6名
スペイン人選手5名
他・日本、中国、スペイン、スロベニア、イタリアなどが8名

ワン・メイイン(中国)やヤネス・ブライコヴィッチ(スロベニア)、そしてフランコ・ペリツォッティ(イタリア)が新たに加入するようです。(誰も聞いたことない。。(笑))


面倒くさいのでここからモロパクリします(笑)

なお、引退を撤回してバーレーン・メリダで現役を続行すると発表していたホアキン・ロドリゲス(スペイン)は、選手としてではなく、スタッフとしてチームに携わることを決めた。ロドリゲスは「100%の状態でカムバックするためには身体的にも精神的にも準備が足りないと感じた。トップレベルに戻る自信がない状態でカムバックすべきではない。これからは17年間のプロ選手としての経験をチームの若手に伝えていきたい」とコメントしている。

チームは1月8日にチームプレゼンテーションを行う予定。その後オーストラリアのツアー・ダウンアンダーでチーム初戦を迎える。


ということでした!

殆どパクっちゃいましたが、一応ページを載せておきます。

バーレーン・メリダ2017ジャージデザイン
新城幸也が加入する新生バーレーン・メリダがジャージデザインを発表


また現役で走ってくれると思っていた、ホアキン・ロドリゲスがスタッフになってしまったことは非常に残念です・・( TДT)
またあの走りを見たかったなぁ。。。


最新バーレーン・メリダ2017メンバー
ヴィンチェンツォ・ニーバリ(イタリア)
アントニオ・ニーバリ(イタリア)
ヴァレリオ・アニョーリ(イタリア)
ニッコロ・ボニファツィオ(イタリア)
マヌエーレ・ボアーロ(イタリア)
ソニー・コルブレッリ(イタリア)
エンリーコ・ガスパロット(イタリア)
フランコ・ペリツォッティ(イタリア)
ジョヴァンニ・ヴィスコンティ(イタリア)
グレガ・ボーレ(スロベニア)
ボルト・ボジッチ(スロベニア)
ヤネス・ブライコヴィッチ(スロベニア)
ドメン・ノヴァク(スロベニア)
デーヴィッド・パー(スロベニア)
ルカ・ピベルニク(スロベニア)
ハビエル・モレノ(スペイン)
ホン・イサギレ(スペイン)
イバン・ガルシア(スペイン)
ホンアンデル・インサウスティ(スペイン)
ハインリッヒ・ハウッスラー(オーストラリア)
カンスタンティン・シウツォウ(ベラルーシ)
ラムナス・ナヴァルダスカス(リトアニア)
オンドレイ・シンク(チェコ)
ツガブ・グルマイ(エチオピア)
新城幸也(日本)
フェン・チュンカイ(台湾)
ワン・メイイン(中国)

経験ある選手や実力のある選手、今から伸びそうな若手選手などたくさんいますね。
ジャージはともかく来年のバーレーン・メリダには存分に期待しましょう!
(このジャージ好きな人すみませんでした(笑))


とりあえず、今回の説明は終了です!
また新しい情報が出たら投稿しますのでお楽しみに!


では、また!






自転車 ブログランキングへ
ジャンル:
自転車
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鉄下駄ホイールで峠の茶屋 | トップ | 一人で峠の茶屋 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。