Chicago51

ギター、ジャズ、BABYMETAL...ぼちぼちと

寸評いっとくぅ~ amplified その9

2017年04月29日 | D'Angelico New Yorker


生音のオリジナルとの違いじゃあ、
えんぺらとかダキストの比ではなく、
”似ても似つかぬ”どろこか、”縁もゆかりもねぇ”レベルですわな。





とはいえ、
アンプを通せば
そこはホレ、安心安定の寺田品質。

ウォームで軽やか。
寺田ダキストにとてもよく似てやすが、
こっちのほーが、やや中音域寄りの甘いトーン。

ダキストよりチョイと高ポイントを与えやしたが、
ワテは、カッタウェイ無しの音ほーが好きなのと、
Benedetto S-6 ピックアップによるもんですな。
っパ、Kent Armstrong ハンドメイド当時のピックアップは素晴らしい。
マジですべての Jazz Box にこのピックアップを載せることを勧めるわ。


https://www.youtube.com/watch?v=zif9_9-gwTU



 

『楽器』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« GWのお供 | トップ | アナドルなかれ »
最近の画像もっと見る

D'Angelico New Yorker」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL