まくとぅーぷ

作ったお菓子のこと、読んだ本のこと、寄り道したカフェのこと。

猫マカロン

2017-04-19 19:21:15 | 日記


小さい頃に夢中になって見てたアニメを覚えてる?
私が好きだったのは、巨人の星やアタックナンバーワンなどのど根性系と
サリー、メグちゃん、ララベルなど枚挙にいとまのない魔法少女系。
でも憑依されてたことは多分ない。ないと思うな。
そこにいくと我が娘は小さい頃どっぷりと
セーラーマーキュリーに冒されてた。
こーんな低い段差からぴょーんと飛び降りて決めポーズ。
過保護なハハのせいで、運動神経イマイチだったからねえ。
もしくはシンデレラとか白雪姫とかのディズニープリンセス。
高い衣装買わされて。あっという間に糸のひきつれを起こすサテン地ね。
なんだってマジックテープ仕様なんだろうか。
今の娘はクールな風情だけど、あの頃の姿を思い出すと
密かにクスクス楽しめるよ。

そんな憑依シーンを久しぶりに見た、先々月。
合唱団の後輩ちゃんのお嬢さん。
彼女が夢中になってるのは、プリキュアキラキラアラモード。
可愛い女の子が可愛いフリフリの戦闘服で
お菓子を作りながら悪を倒すよ。
クライマックスシーンでは、買ってもらった変身グッズのおもちゃを
絶妙なタイミングでパワーオンにして、音声もテレビに合わせ、
(あ、ちょっと早かった、なんてやり直したりして)
ホイッパーの小さなヤツでくぼんだところを
くるくるくるくるくるくる!
私がお土産に持って行った、スポンジ台とイチゴとクリームで
一緒に本物のショートケーキを作ったらとっても楽しそうだった。
お菓子は夢と魔法の国に連れて行ってくれるアイテムだね。

ところでそういうアニメを見たことある人ならご存知かと思うけど
新手のアイテムが次々出てくるんだよね。
2ヶ月経って、現在彼女が憧れてるのは、キュアマカロン。
変身アイテムは猫のフォルムのマカロン。
マカロン食べたい、っていう5歳児に、さてどうしたものかと思案する後輩ちゃん。
だってねえ、そうは言っても、マカロンって大人のお菓子だもんね。
そして高額商品。メーカーは星の数ほどある。
そんな時にSNSのタイムラインに、とっても素敵なマカロンの画像が
流れてきたわけだよ。
つまりそれが私の撮った、例の大盛況だったアフタヌーンパーティの時のやつ。

後輩ちゃんから、マカロンってどこのが美味しいんですかとメッセ来て
美味しいと思えるマカロンは私にとってはたった一つ、
友達の博子さんの作ったやつだと正直に答えてしまい、
そうすると次はそれ欲しいですってなるわけで、言わなくていいことを言っちゃったかもと反省。
博子さんはお菓子作りが生業ではないから、言えば作ってくれるって確証もなく。
ダメ元で聞いてみるね、って言って、博子さんに頼んでみたら
まさかの快諾。しかも味のリクエストも聞いてくれるっていうじゃないですか。
そのまま後輩ちゃんに投げると、意外にも返ってきたのは
「味じゃなくて色指定でお願いしたいんですけど」っていうコメント付きの画像。
これ。




すごい色ですね!!と絶句の博子さん。
耳とか付かないですけどいいですか?って言うので
そりゃそんなのは無理だから全然構いませんってお返事した。
色から連想するのはカシスだけど、ぶっちゃけ5歳児がカシスをうまいとは言わないだろうし
じゃあラズベリーにしようかなあなんて考えてくれた。
お値段もほぼ原価みたいなもん。申し訳なくもありがたい。
そして自分ちの分も乗っかる。悪い奴。

お願いしてから1週間後、日曜日の昼下がりに
車で博子さんちまで受け取りに行った。
箱に綺麗に並んだ10個のマカロン。
なんと、ちゃあんと耳も顔もついている!
大急ぎで帰宅して万が一にも壊れないよう
発泡スチロールで頑丈に梱包し
ヤマトのクール便を呼びつける。
翌日、荷物が届くと同時に
狂喜乱舞のメッセが後輩ちゃんから。
もうお眠りする時間だというのに
パジャマ姿のお嬢さんが猫マカロンを両手で大事そうに掲げ
紅潮した頬でニコニコしてる画像付き。
世の中に、キュアマカロンが大好きな子は
たくさーんいるだろうけど
こんなに精巧に再現された猫マカロンをもらえる子は
ほかには居まい。スーパースペシャル。

おっと、実はもう一人我が娘も
おこぼれに預かり猫マカロンをまんまとゲットする。
冷凍庫に博子さんのマカロンあるよ、どれでも好きなのいいよ、
って言ったらめちゃめちゃハイテンションで
え、どうゆうこと、なんであるの、もらっていいの、本当に本当に?!
そして箱を開けてキャーキャー叫ぶ。いつものクールはどこ行ったのさ。
それだけ博子さんのマカロンの破壊力はハンパないってことなのだ。

美味しいお菓子を作る、だけじゃなく
美しく装飾する技術もとんでもなく素晴らしいけれど
唐突に持ってこられたヘンテコなオーダーを
面白がってくれて、誠実に迅速に応えてくれる
やっぱりお人柄がそのまんま
人を感動させるお菓子に繋がってるんだなあと
心からの感謝とともに感じたよ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メモ*酒粕テラ2 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL