まくとぅーぷ

作ったお菓子のこと、読んだ本のこと、寄り道したカフェのこと。

8月のフランス菓子研究所☆杏のムース

2017-08-05 18:47:24 | お菓子作り


ムースって半分は空気よね

泡が立つものっていえば
卵白とか生クリームとか
しかし今日泡立てたのは
ゼラチン液

それも合計10分以上
ハンドミキサーをブンブン回し

デモで泡立てを終えた先生が
ハンドミキサーに向かって
「お疲れ様!」だって

そうそう、ハンドミキサーね
先生の使ってるのは
タイマー付きのテスコム製
買った当初は5000円くらいだったのが
最近追加しようかなって調べたら
1万円になってたんだそうで
安い時代に買った人はお得ね

私がうちで使ってるのは同じテスコムだけど
3000円くらいのタイマーなし
でも軽いし羽根の形も良いし
相当長時間使っても焦げ臭くならないし
いい子だよ

教室の子供達用はもう
パナソニック一択だって

そんなこんなで右腕左腕代わる代わる
使いつつ耐える10分

でも私のはあんまり泡立たなかった
生クリームの緩さもあってか
しぼり袋からタラタラ垂れる濃度

出来としてはイマイチなんだけど
表面を平らにしてジュレと重ねるっていう
作業には大変向いているというね



見た目を美しく作るのも
必要な訓練
っていうのは理解できますが

あんまり楽しくない仕事でした

でも試食の時
お皿に乗っかった美しいオレンジと白の
コントラストを見たら
やっぱり気分はあがるのですな

杏の香りが爽やかで酸味が綺麗な
美味しいピュレでした
(でもこないだ自作した長野産杏のジャムも負けてないもんね)

卵白を使ってないお菓子は
卵アレルギーの人にも食べられますね
と、友達の可愛い小学生女子を思い浮かべ

そして試食の時に聞いた
楽しそうなあれこれですが
中でも素敵なのは

「ミサリングファクトリーお菓子コンテスト」

テーマは
「ナツメ」

ではなく

「和三盆」
となるみたいですよ

10月14日!
コンテスト参加者も
審査員も
ゆるゆるっと募集が
始まると思われます

何作ろうかなー
あんなのもこんなのもいいなー

っていう感じで
この夏もその先の秋も
お菓子三昧でいきますよ

みなさんどうぞ宜しくお願いします!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蒲田餃子 | トップ | 歌でヘッドハンティングされる女 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

お菓子作り」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL