まくとぅーぷ

作ったお菓子のこと、読んだ本のこと、寄り道したカフェのこと。

KOFU DRIVE後編 わいわいワイナリー

2017-04-06 07:22:17 | 日記

身延のお山を降りて、韮崎の金精軒へ。
信玄餅は圧倒的に他社が有名だけど
こちらが元祖。台の原にある本店は
とても趣のある建物らしいが、
そこに寄ろうとすると日帰りできなくなるので
そちらはまた今度。

生信玄餅を試食。柔らかさがたまらない。
夏には水信玄餅というのが出るそうだ。
あれこれ眺めているとお店の人が
お茶と試食のスイートポテトを出してくれる。
変なもの混ぜてないお菓子って本当に美味しい。
さとみにゃん絶賛の大吟醸粕てらと
くるみ信玄餅をお土産に買って
すぐそばの道の駅をのぞく。
ありえないサイズの自然薯が
ありえないチープな価格で転がされてる。
地元醸造所の麦味噌もすごく美味しそう。
ここでもあれこれ買い込み
ちょっとお腹空いたので食堂へ行くと
目を引く「卵かけご飯 350円」
4人でそれを頼んでみる。
しんしんは焼きほうとうをオーダー。
そして出てきた卵かけご飯は


驚くほどフツー。ざ・普通。
焼きほうとうは「家庭の味」だって。
いいのいいのみんなネタだから。

そして次は今回の旅の目的その2
勝沼ワイナリー巡り。
ここはプロのさとみにゃんにナビを依頼。
最初に訪れたのはクラムポンワイナリー。

裏手にあるブドウ畑、ここにブドウがなってたら
素敵な眺めだろうな。

小さなワイングラスを手渡され、ワインの瓶がいっぱいの
テーブルを囲む。グラスを洗う小さな水差しもあって
それぞれの風味を楽しめる。
しんしんが「自分で注げるなんてすごい」と感動してる。
赤と白のジュースもある。ぎゅっと濃縮されたブドウの香り。
ほんの少しでも満足感がハンパない。

さとみにゃんとしんしんは次々と飲んでいる。
なんて幸せそうに笑ってるんだ。

飲めない私は外であちこち探検。
蔵の中でキャーキャー言ってる声がする。

そっと扉の隙間を覗く。出荷準備かな。

大きなセラーもドアに鍵がかかってない。
こっそり開く。壁一面のワイン!


タンクのそばに坂本さんを立たせて、やらせ写真。

ゾノさんは「働いてるみたいに撮って」
と、やらせ写真。
そうこうしてるうちに幸せ組が帰ってきた。


次は、機山ワイン。
さとみにゃん憧れのワイナリーだそうで
車を降りる速度がものすごい。
試飲はカウンター、お上品なお店の人が
グラスにすこーし注いでくれる。
なるほど、さっきのはそういうことね。
そして幸せ組はなんと1500mlのマグナムをご購入。
私はお菓子に使えそうなのでマールを。

旅の締めくくりは温泉。
山をぐんぐん登って行った先に
とんでもなく見晴らしの良い
ほったらかし温泉がある。
ゆるゆる浸かりながら
今度のかき氷遊びのこと、お茶会のこと、
近い将来始める仕事のことなど
のんびりお喋り。

揚げ温玉食べたら、さあ帰るよ。


レンタカー返して打ち上げピザ食べて
じゃあまたね。
自然薯と味噌が強烈に重たいけど
それも笑える帰り道。
マグナム幸せ組はもっと笑えたんだろうなあ。

楽しかった長い一日、ありがとう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« KOFU DRIVE前編 400年の桜 | トップ | アフタヌーンティーきゃあきゃあ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL