貧乏飯食堂 GOOD AND CHEAP

食べることは生きること 貧乏飯は人類の英知だ!レシピ参考にはならないかな…

「坊ちゃん」の金鍔(きんつば)

2015-12-07 00:13:00 | まんが飯
マンガ飯ではなく、小説飯だが・・・。



テレビドラマ「本棚食堂」ではないが、小説や漫画に出てくる食べ物って、
想像力をかきたてて、とりわけ旨そうに思えるんだよねえ。


自分の中では夏目漱石の「坊ちゃん」に出てくる金鍔(きんつば)が原体験にあたるのだ。


主人公、坊ちゃんがお手伝いの清(きよ)という、ばあさんにきんつばを買ってもらうエピソードがあって・・・



母が死んでから清はいよいよおれを可愛がった。時々は子供心になぜあんなに可愛がるのかと不審に思った。
つまらない。廃せばいいのにと思った。気の毒だと思った。それでも清は可愛がる。
折々は自分の小遣いで金鍔(きんつば)や紅梅焼(こうばいやき)を買ってくれる。



この「きんつば」というのが非常に旨そうで・・・。

子供の頃だったから、「きんつば」自体を知らなくて、
親に聞いたら、「あんこのかたまりみたいなもんだよ。多分あんたはキライだよ」って言われたのも覚えている。


子供の頃、羊羹とかあんこがいっぱいなものが苦手だったからなあ。
今ではあんこは大好物で、いろいろな思い出がよみがえってくるのがきんつばなのであった。


『今日の献立』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ガパオライス的な・・・ | トップ | カレーうどん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

まんが飯」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。