鬼ごっこ?

2017-07-13 01:15:08 | 日記
 食事が終わりひと眠りしたら、妙に元気になったようでおにいちゃんと頭のたたき合いから相撲に発展してじゃれ合っていた。しかしおにいちゃんは飽きたらしく丸くなってしまった。
 チビは遊び足りない。リビングの外からみんなを『ジー』と見ていたが誰も遊んでくれなさうだと思ったらしく自分から行動に出た。階段を上っていき「ギャーオーギャーオー」呼んでいる…ご近所迷惑なので迎えに行く。「チビちゃんうるさいよ」と階段を上ると「イニャン」と逃げ回る。私の足をすり抜け階段を下りていく。「もう…迎えに来たのに」階段を下りると階段下で待っていて、私の脇をすり抜けまた登っていく。「ギャワワン」「チビちゃん」とまた登っていくが逃げられる…そんなこんなを数回繰り返し「チービーお母ん疲れちゃったよ」と下で階段の電気を付けて消してみた。すると降りてきて私を確認しまた登っていく。
 「鬼ごっこおしまいお母ん座っちゃうよ」とリビングに行く。降りてきてつまらないのか、寝ているおにいちゃんにまた、ちょっかいを出してみたが遊んでくれない。階段を上る「ギャオンギャオン」知らん顔してみた。さらに大きな声で「ギャーオー」知らん顔。来てくれないと思ったのか静かになる。
 しかし、数分後「ギャオン」また鳴いた…『カチャ』「キャー」『あれ?抱っこされたのか?』『トントントン…』誰か降りてきた。すると抱っこされたチビ登場。「近所迷惑でしょ、ほっとかないの」と息子に怒られた…チビは急に捕まったので不服そうな顔をして私を見てる。そして息子が抱っこしたままソファーに座ると「イニャン」『降ろしてくれ』と息子に文句。「もううるさくしないでよ」と怒られてから解放されおにいちゃんの横に座る。
 続いて私に「チビのせいでお母んまで怒られたでしょ」すると『パッ』と後ろを振り向き私を見てまた後ろを向くそして『誰もいないよ』みたいな顔をする。「イヤイヤ、チビちゃんあなたのことですよ」「ウナ?」『なぜ?僕は急に後ろから捕まっただけで、悪いことしてないに』とでも思っているのでしょう。
 すっとぼけた顔もかわいいのだが、仕事の後の階段の上り下りは非常に疲れましたよ…なぜ鬼ごっこだったのだろうかおもちゃでも持ってきてくれればいいのに…
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 毛づくろい | トップ | ごはん… »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。