お母ん旅に出る準備

2017-06-16 00:07:48 | 日記
 私が数日家を空けなくてはならなくなった。猫たちの世話の準備をしなくては…
 まずは、模造紙を用意してみんなの予定を書きだす。猫の餌の時間にいる人間を選んで餌係を任命し模造紙に書き込む。朝は娘を夜は息子の欄に書き込む。そして、トイレは気づいたらすぐやってくれるよう空きスペースに書き込むが、主に旦那の帰る時間がトイレの時間に近いので旦那の欄にも書き込む。
 張り出すものは完成。念のため指令書を作り各自に渡す準備OK!これで『聞いてない』の言い逃れはできないだろう!そして頼まれた人以外は餌をやらないよう頼む。絶対2匹は帰ってきた人に必ず『僕たち餌貰ってないんです。お母んが帰ってこないので…』的にチビが「ニャーホロホロ⤵」と息も絶え絶え優しく鳴いて『ついてきて!』とおにいちゃんが餌箱に行き箱と人を順番にみて『ここにあるから』と顎で催促する。なぜか私の時と役割が逆転する。しかもカラカラを持つと「ウニャ!」『違う』みたいにピシャりと鳴くらしい(笑)
 とにかく人間の餌忘れと、猫に騙されあげすぎにならないように注意書きも加える。両面テープを探しに席を外し戻って来ると模造紙の上に2匹で箱座り…「すみませんどいてください」知らん顔チョトお尻を『つんつん』しながら「どいてくださ~い」「ギャー」とチビ。
「イニャーン」とおにいちゃん。「どかないと明日から餌ないよ!」『餌』の単語にもらえるとでも思ったのか「キュー」と伸びをしながら立ち上がる。「おにいちゃんもどいてくださ~い」
 何とかどいてもらって模造紙を壁に貼る。そして2匹を呼んでお座りしてもらう。なぜか縦に並んでる…横に並んでほしかったのにチビが警戒しておにいちゃんの後ろに並んだ。起こられることでもしたのか?でも、『チビ~おにいちゃんここにおいで~』と呼ぶときは確かに8割がた『誰がやったの?』と聞くことが多いので警戒されたのかもしれない。
 縦でもいいやと2匹に「お母んは明日から少しの間いません。餌は子供たちに貰ってください。」と伝えてみる。分かっていたけど全然わかってはいない感じ。でも一応伝えておいた(笑)そして「以上。解散です」と私が寝転がると私の足に乗っかり2匹も寝に入る。
 すごく不安だけど行かなくてはいけないので3人と2匹頑張ってもらいましょう…ほかにやることはないだろうか…『あっ』いない間分撫でとこ!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冷蔵庫に向かって | トップ | スカイプ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。