スカイプ2

2017-06-18 00:43:17 | 日記
 今回もスカイプしてみた。
 「おにいちゃ~んチビちゃ~ん」あっ!ちょっと耳が動いた?もう一度「おにいちゃ~んちびちゃ~ん」動かない…全然反応なし😿
 「おにいちゃんとチビは寂しがってた?」と聞くと「長く玄関にはいたけど餌貰って寝てるよ」との返答…やはり猫は餌さえもらえればいいのだろうか?家にいる時はお母んから離れないのは餌の人だからか?
 でも懲りずにスカイプを近づけてもらう。「おにいちゃんお母んだよ」ちらっと見てまた寝る。次に「チビちゃんお母んだよ。さみしいでしょ?」『餌』と言う単語を使わずに呼んでみる。おっ反応した!「チビちゃん意地悪されてない?」「ギャーオー」さすがチビちゃんお母んがわかるのね!「意地悪されたの?かわいそうに」「ニャー」優しい声。何か訴えている。
 しかし、キョロキョロしてみるもPCの中に私には興味を示さず行ってしまう。匂いがないとだめなのかな?
 その後も、戻ってはこず玄関に行ってしまったらしい。きっとチビは声が聞こえたからお母んが帰ってきたと玄関に行ったんだ!なんてかわいいんだ!あーチビをなでなでしたい。チビのさわり心地はベルベットを撫でてるみたいに気持ちいい。さすが見かけはロシアンブルーというさわり心地(^O^)スカイプでは全然相手にしてもらえないが翌日は帰るのでもうあきらめよう。姿が見えるのに触れない方がストレスだ!
 一応旦那に「2匹はいい子してるの?」となんのけなしに聞いてみる。「なんか妙に大人しいよ。いたずら全然しないし遊ばない」『旦那の遊び方は機械的だから面白くないんだよ』と思いながら「誰とも遊ばないの?」「うん」もしかして寂しくて元気ないんじゃない?ちょっと『にやにや』してしまう。「でも、餌はしっかり食べておやつの催促もするよ」「へー」人が気分良くしてるのにぃ。と思いながらスカイプを終わらせる。
 でも、きっとやっぱり2匹はお母んがいないことに気が付いてさみしいから遊ばないんだ。かわいそうだけどうれしい(^O^)と思いさっさとやること済ませ明日は早めに帰ろう!と心に誓う(笑)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スカイプ | トップ | 帰ってまいりました。 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。