ノアの小窓から

日々の思いを祈りとともに語りたい

ウエルカム礼拝2

2017年06月22日 | 聖書


      教会が、とくに人をお招きする催しをしなくても、
      教会のドアはいつでも、すべての人に開かれているのです。

      人間的な目で見ると、確かに、教会も鍵をかけるし、昨今では、
      まったく見知らぬ人がいきなり入ってくれば、警戒もします。
      でも、そのような警戒は、外見的な建物である教会堂に対するセキュリティです。

      教会は本来、教会堂の意味ではなく、神を信じる人々の集まりことです。
      教会用語で「召された者の集まり」と言います。

      同じ神を信じた者たちが集まるのは、神のご命令だからです。
      また、このつながりは、「同じ主(しゅ=神、キリスト)にある兄弟姉妹」とたとえられ、
      その目的は、
      「たがいに愛し合う」ことです。そのためにクリスチャンたちは、教会に集います。
      この喜びは、じっさいに体験してみないと、わからないものかもしれません。
      ですから、やっぱり、お招きしたいのです。

      ゲストスピーカーの牧師が、予定しておられるメッセージのタイトルが
            夜中、私を起こしました。

         「捨てる神?拾う神? いいえ、あきらめない神です。」

       私は、この魅力的な言葉を、朝まで、まんじりともせず
            考えつづけました。

      


         

      、

      


      

      
『イベント』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウエルカム礼拝のお知らせ | トップ | 「神の国――キリストの教えの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

聖書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。